Top > 関連賁E > アナウンスメンチE/a> > 東京工業大学とマイクロソフトの絁E的連携につぁE

関連賁E

アナウンスメンチE/span>

2007年9朁E3日

国立大学法人 東京工業大学

マイクロソフト株式会社

東京工業大学とマイクロソフトの絁E的連携につぁE

国立大学法人 東京工業大学E学長E相澤益男、住所E東京都目黒区大岡山2-12-1、以下東工大EとマイクロソフトコーポレーションEEEOEスチEーブEバルマE、住所E米国ワシントン州レチEモンド、以下EイクロソフトEE、絁E的な産学連携協定を今後締結することに合意ぁEしました、E/p>

東工大とマイクロソフトは2005年より、Eイクロソフト産学連携研究機構!EJARCEE連携研究プログラムの中で、東工大とマイクロソフトリサーチE研究老Eベルの連携を目皁Eしたプロジェクトを実施し、また、テクニカル コンピューチEングにおいて、コンピュータクラスターを利用する高性能高速計算(ハイパEフォーマンスコンピューチEングEE実裁E証プロジェクトを実施してきました、E/p>

今回の絁E的連携は、東工大とマイクロソフトが相互E連携により、IJARCを中忁Eする他Eマイクロソフトとの連携を背景に、コンピュータ科学並びに惁E工学の刁Eの研究開発を効果的かつ効玁Eに進めることを目皁EしてぁEす。絁E的連携では共同研究等E実施、研究老EE交流、その他、E携の推進にあたっての忁Eな活動を行い、E同研究の効果的かつ効玁Eな実施を図り、研究成果の早期実現を図ってまぁEます、E/p>

具体的には、東工大学術国際情報センター 松岡聡Eまつおか さとし)教授と大学院惁E琁E学研究科 計算工学専攻 秋山泰Eあきやま めEか)教授が、Eイクロソフトの研究老E連携して、E性能計算法EチEインと、タンパク質構造をめぐる生命科学研究への応用をテーマにした共同研究を行います。Eイクロソフトからは専門技術、研究用のチEEルと研究助成が提供されます、E/p>

今回の絁E的連携につぁE、東工大とマイクロソフトは下記Eように意思表明してぁEす、E/p>

東工大産学連携推進本部本部長代琁E香取和之氏(かとり かずめEEE、「本学が目持E世界最高E琁E学系総合大学を実現するためには、国冁E国外E産業界パートナーとの緊寁E連携が重要だと老EてぁEす。Eイクロソフト社がE、EE研究連携のパEトナーになり、E同研究プロジェクトが推進されることは、大変喜ばしいことと歓迎いたします。、E/p>

マイクロソフト社 チEノロジ政策E戦略拁EコーポレーチEバイスプレジチEチE アヌEプグプタEEnoop GuptaEE「Eイクロソフト社が外国企業として初めて、東工大との絁E的連携を構築できたことは、大変誁Eに思います。コンピュータ科学が、多くの科学刁Eでの進歩めE世界皁Eレベルの科学皁E題を解決するためのブレークスルーに貢献してぁEことはまちがいありません。私たちは東工大との絁E的連携がそのような発見と創造に貢献してぁEことを期征Eたしております。、E/p>

マイクロソフト産学連携研究機構!EJARCEE/dt>
2005年6月に設立され、Eイクロソフトと日本の大学・研究機関との相互交流を通じて、E度で先進皁EチEノロジーめE本の市場ニEズに対応したテーマに関する共同研究、研究助成や研究老E成を推進し、日本のアカチEチE界E発展に貢献することを目皁EしてぁEす。E体的には、Eイクロソフトリサーチと日本の大学の惁E学、計算工学の研究老Eちとの連携研究などを推進し、日本の大学研究室と連携して、Eイクロソフトの様、EアカチEチEプログラムを実施し、研究老Eの交流や研究人材育成E協力支援などを実施してぁEす、E/dd>
チEニカル コンピューチEング
今日の先端科学研究において、E大なチEEタを扱ぁEれを処琁Eる計算力は、E要な発見や革新のために、きわめて重要な役割を果たします。Eイクロソフトでは高速大量科学計算を可能にするための技術E開発めEその刁Eで活躍する産業界、研究機関、学術団体と共同研究など様、E連携を行ってぁEす、E/dd>

東京工業大学