Top > 関連賁E > アナウンスメンチE/a> > 平戁E9年度第2回東工大バイオ計測研究会Eご案E

関連賁E

アナウンスメンチE/span>

2008年1朁E1日

平戁E9年度第2回東工大バイオ計測研究会Eご案E
「ナノメチEシンの最前線、E/h3>

1.期日

平戁E0年3朁E日(木)

13:00EE8:00 講演企Ebr /> 18:00EE0:00 交流企E/p>

2.会場

東京工業大学すずかけ台キャンパス
東京工業大学院生命琁E学研究科E426大会議室EE2棁EF)
地図->

3.プログラム

13:00EE3:10
開会E挨拶 東京工業大学 三原乁E
13:10EE4:10
「ナノバイオチEノロジーが拓く未来医癁EE高E子ミセル型ナノデバイスによる薬物・遺伝子EピンポイントデリバリーE、E/dd>
牁E 一剁E先生
E東京大学工学系研究科EチEアル工学専攻EE/dd>
14:10EE5:10
「細胞Eシグナルに着目したナノメチEシン E創薬・診断・治療E一体化をめざしてE、E/dd>
牁E 佳樹 先生
E九州大学工学研究院応用化学部門EE/dd>
15:10EE5:40
「ノンコーチEング遺伝子候補E機E解析、E/dd>
相澤 康剁E先生
E東京工業大学バイオ研究基盤支援総合センターEE/dd>
15:40EE6:00
休E
16:00EE7:00
「細胞アレイと細胞EネットワークE仮題)、E/dd>
三宁E正人 先生
(産総研E海副都忁Eンターセルエンジニアリング研究部門EE/dd>
17:00EE8:00
「ナノバイオインタフェースを活用する再生医療本格化Eための細胞シート工学、E/dd>
大咁E雁EE先生
E東京女子医科大学先端生命医科学研究所EE/dd>
18:00EE0:00
交流企Ebr /> EすずかけEール2FEE/dd>

4.一般参加老E込み要EE/h4>
申込み締刁E
2朁E7日E水EE/dd>
定員
先着50吁Ebr /> 尚、会場の都合上、E社につぁE名様Eご参加とさせてぁEだきます、E社から褁Eのお申込みがある場合E先着1名様となり、お断りすることもございますEでご亁Eください、E/dd>
参加費
1名槁E000冁E交流会費込みE当日のお支払いEE/dd>
申込み方況E/dt>
  • お名剁E/li>
  • 会社吁E/li>
  • 所属E役職
  • 電話番号
  • 交流会への参加の有無
上訁E頁Eをご明記E上、下記Eあて先までメールにてお申し込みください、E/dd>
東工大バイオ計測研究会事務局
東京工業大学大学院 生命琁E学研究私Ebr /> 凁E掁E小畠英琁Ebr /> ekobatak[at]bio.titech.ac.jp※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。

東京工業大学