関連資料

「新年のご挨拶」


理事・副学長 研究・産学連携本部長 渡辺 治

明けましておめでとうございます。昨年 4 月より新執行部の一人として本学の研究と産学連携を担当しております。不慣れな中、至らぬ点も多かったと思いますが、それにもかかわらず、昨年は共同研究を中心に、産学連携の大幅な拡充を進めることができました。これもひとえに皆様の多大なるご理解とご協力と心より御礼申し上げます。

 産学連携を担当しまして、科学技術イノベーションの牽引役としての大学への社会からの期待を強く感じました。本学では、こうしたご期待に応えするために、昨年より、様々な産学連携のご要望に柔軟に対応できるような仕組みを準備しております。その一つが、企業の皆様と密接に連携しつつ、新規事業開拓から社会実装までを総合的に目指した共同研究を進める協働研究拠点制度です。さらに、そうした共同研究を本格的にマネージしていく組織としてオープンイノベーション機構も立ち上げました。その一方で、基礎研究と若手の研究力の強化を目指した基礎研究機構の創設、未来社会像を基に新たな学術分野の提案を行うことを目指した未来社会デザイン機構の発足など、大学らしい基礎的なそして挑戦的な研究の推進も図ってまいりました。

 東京工業大学では、こうした研究力強化とその成果を社会に結び付ける産学連携活動を今年も精力的に推進してまいります。本年もご協力とご支援のほど、よろしくお願いいたします。最後になりましたが、本年も皆様にとって実りある年となりますように。