特集

ライセンス可能! 東工大のイチ押し特許技術(ライフサイエンス編)

東工大からライセンス可能な特許技術をご紹介いたします。
少しでも興味がある内容がございましたら、何よりも、まずご一報ください。
1社でも独占契約されますと、それ以降は、他社とのライセンスの相談は受け付けられませんので、ご了承ください。

No. 発明の名称、イチ押しポイント 代表発明者
1.

遺伝子不活性化マークを生細胞で観察できる蛍光プローブ

  • 生細胞・生体内でH3K27me3レベルを計測できる
  • 生細胞・生体内で不活性X染色体を検出できる
  • 細胞の分化状態を評価できる
科学技術創成研究院
教授 木村 宏
2.

DNAの精製操作を要しない簡便・迅速な形質転換技術

  • 高度なたんぱく質の物質生産が極めて簡便に可能となる
  • ライブラリーなど多種類のDNAをハイスループットに扱う事が可能となる
生命理工学院
助教 金子 真也
3.

活性イオウ分子種に応答して遺伝子発現を制御するタンパク質

  • 生体が酸化ストレス等を受けたときに、定量的に測定可能となる
バイオ研究基盤支援総合センター
准教授 増田 真二
4.

光による癌治療へ応用できる小さな増感剤

  • 増感剤の分子量を大幅に小さくすることに成功
  • 光敏感症の副作用を解消
  • RNA標的の化学点変異デバイスとしての応用も期待
生命理工学院
教授 湯浅 英哉
5.

細胞内の酸化還元状態をモニターするための蛍光タンパク質

  • 生体細胞内での酸化還元状態をリアルタイムに正確に観察
科学技術創成研究院
教授 久堀 徹
6.

細胞内酸素濃度をモニター可能な蛍光蛋白質

  • 生体細胞内での酸素濃度をリアルタイムに観察
科学技術創成研究院
教授 久堀 徹

お問い合わせ先

東京工業大学 研究・産学連携本部
E-mail:sangaku[at]sangaku.titech.ac.jp
※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。