<<次号

第1号(2004年8月)
皆様こんにちは。東京工業大学 研究・産学連携本部のメールマガジンをお送りします。

このメールマガジンは、東工大の研究活動や産学連携活動を毎月皆様にご紹介して、
皆様のお仕事に少しでもお役に立ちたいと考えて発行しております。

このメールは、東工大と研究を行っている法人の関係者の方、東工大開催のシンポジウムに参加された方、関係者からご紹介のあった方にお送りしています。ご了解なくお送りしている失礼をお許しください。
=====目次========================================================
【メルマガ創刊によせて】
【研究・産学連携本部ご紹介】 体制、業務について
【研究内容のご紹介】 平成16年度採択COE3件
【組織的連携のご紹介】 6件の組織的連携について
【クロニクルご紹介】 東京工業大学広報誌
【イノベーションジャパン】 6ブース出展、新技術説明会6テーマ
=================================================================

===【メルマガ創刊によせて】===========================================
「研究・産学連携本部:東工大の連携の一元的窓口」
研究・産学連携本部本部長 理事・副学長(研究担当) 下河邉 明
=====================================================================
東京工業大学 研究・産学連携本部のメールマガジン第1号をお届けいたします。

東工大は、大学の研究成果として生まれた知的資産を、さらに社会的価値のあるものにするために、知的資産の単なる権利化およびライセンシング・実施化を図るだけでなく、知的資産を核としてさまざまな産学連携活動を行っています。企業との組織的連携、企業と教員の個別的共同研究、ベンチャー創出と支援、技術相談、産学連携に関わる人材育成、知財の一元管理などです。

これら、東工大の名のもとに行われるすべての産学連携活動の一元的な窓口が研究・産学連携本部です。国立大学時代の官の意識が抜けていないと、産業界からお叱りを受けることもありますが、本部職員一丸となって、国立大学法人としての新しい連携の枠組みづくりに邁進しています。東工大の知的資産の内容を詳しく知りたい方、東工大の知的資産を活用したい方、ぜひ当本部へご連絡ください。

(連絡先は本メールマガジンの最後に記載してあります)
このページのトップへ

= 【研究・産学連携本部ご紹介】 ========================================
「体制、業務について」
===================================================================
研究・産学連携本部は、東京工業大学における産業界の一元的な窓口として2003年9月に設置されました。

本部長、本部長代理のもと、知的財産戦略部門、知的財産・技術移転部門、リエゾン・研究情報部門、契約・法務・研究管理部門の4部門でなりたっております。

⇒組織の詳細はこちらをご覧ください。


研究から生まれた知的財産をもとに、ライセンス、ベンチャーによる新市場の創出を行うとともに、知的財産をもとに更なる共同研究につなげるというスパイラルの実現を目指しております。

⇒このスパイラルを目で実感したいという方はこちらをご覧ください。
動画でお楽しみいただけます。


東工大では、学内の研究シーズと起業ニーズをマッチングさせて、共同研究、受託研究を積極的に進めております。共同研究、受託研究をご希望される方は、下記ページをご覧ください。

共同研究
受託研究


研究・産学連携本部は、東工大TLO((財)理工学振興会)へ業務委託を行い、有機的かつ一体的な協力関係を築いております。東工大TLOは、18名のコーディネータをかかえ5年間で100件もの技術移転の実績を持っております。現在18名のコーディネータは、研究・産学連携本部のコーディネータとして活動しております。

⇒東工大TLOの詳細は、こちらをご覧ください。
このページのトップへ

=【研究内容のご紹介】 =============================================
「平成16年度21世紀 COEに3件採択される」
==================================================================
文部科学省の平成16年度「21世紀COEプログラム」に,東京工業大学からは下記の3件が採択されました。

「インスティテューショナル技術経営学」 拠点リーダー:渡辺 千仭 教授
「エージェントベース社会システム科学の創出」
拠点リーダー:出口 弘 教授
「地球:人の住む惑星ができるまで」 拠点リーダー:高橋 栄一 教授

東工大では、この3件を含めて全部で12件が採択されています。

⇒全拠点の一覧は、こちらをご覧ください。
このページのトップへ


=【組織的連携のご紹介】==========================================
「組織的連携を積極的に推進」
================================================================

東京工業大学では、企業との組織的な連携を積極的に推進しています。すでに6社と組織的な連携を締結しました。
詳細は、それぞれのページをご覧ください。


三洋電機株式会社 「次世代環境技術分野」
三菱化学株式会社 「新しい触媒プロセス技術、新規無機材料設計・製造技術の開発」
株式会社富士通研究所 「IT分野の先端研究」
三菱電機株式会社 「次世代先端デバイス技術の研究開発」
松下電器産業株式会社 「次世代エレクトロニクス分野のコア技術」
三菱商事株式会社「新技術と知的財産の事業化による社会的価値創造」

組織的連携は研究開発に関わる連携にとどまらず、共同研究等の実施、研究者の交流、人材育成のための諸活動、その他、連携の推進にあたって必要な活動を行い、研究開発を効果的かつ効率的に進めます。
また、企業の技術力の向上を図るとともに、東工大の研究成果の社会還元と研究教育の推進に資することを目的としております。

⇒組織的な連携に関してはこちらをご覧ください。
このページのトップへ

=【クロニクルのご紹介】==========================================
「東京工業大学広報誌」
================================================================
クロニクルは30年以上の歴史を持つ広報誌です。学内で行われている研究内容、各種イベントの案内などを掲載しています。

ちなみに、6月号では「Inter-COE21シンポジウム報告」が掲載されております。東工大のCOEのうち、ナノサイエンス・ナノテクノロジーに関係する研究を紹介するため本年4月28日開催されました。その内容に関する報告です。

⇒詳細に関してはこちらをご覧ください。
⇒クロニクルのバックナンバーに関してはこちらをご覧ください。
このページのトップへ

=【イノベーションジャパン】===========================================
「出展6ブース、新技術説明会6テーマ」
====================================================================
イノベーションジャパン2004が、9月28日(火)~30日(木)まで「東京国際フォーラム」において開催されます。

東工大では、以下6件のブース展示および6件の説明会を行います。ぜひご来場ください。


細野秀雄「透明電子活性酸化物」 ⇒ブース&説明会
三原久和「東工大バイオ計測研究会」 ⇒ブース
國枝博昭「指紋照合技術」
⇒ブース&説明会
吉川邦夫「小型廃棄物ガス化発電システム」
⇒ブース&説明会
広瀬茂男「クローラ・アームハイブリッド型レスキューロボット HELIOS VII」
⇒ブース&説明会
津島将司、平井秀一郎
「磁気共鳴イメージング(MRI)による固体高分子形燃料電池(PEFC)計測技術」
⇒説明会
大塚潔
「バイオマスからの炭酸ガスゼロエミッション水素生成法」
⇒説明会
研究・産学連携本部 ⇒ブース

 ⇒詳細は、こちらをご覧ください。

フリーワードに「東京工業大学」といれて検索してください。
このページのトップへ

◇メルマガ配信停止◇
「配信不要」と書いたメールを
mail@sangaku.titech.ac.jp までお送りください。
◇メルマガ配信申込み◇
http://www.sangaku.titech.ac.jp/mail/index.html
◇ご意見・ご感想・ご登録内容の変更◇
mail@sangaku.titech.ac.jp
************************************************
東京工業大学 研究・産学連携本部 
〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
Tel: 03-5734-2445 Fax: 03-5734-2482
e-mail: mail@sangaku.titech.ac.jp
URL: http://www.sangaku.titech.ac.jp/
************************************************