<<次号 前号>>

第145号(2016年9月)

     いまだ暑さは残りますが、朝夕の涼しさに秋の気配を感じる季節となりま
  した。大岡山キャンパスでは、イチョウ並木がもうすぐ黄金色に染まり始
  めます。
  今月号も本学が開催・出展するイベント情報を多数ご紹介しております。
  ぜひ足をお運びいただければ幸いです。
   
      〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
      ○●●目次●●○
      〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
  ★:画像付きの記事を掲載しております。是非ご覧ください♪
【1】研究・産学連携本部からのお知らせ ≫ 東工大-アーヘン工科大学国際産学連携共同セミナー(10/6)
≫ BioJapan2016 -World Business Forum-(10/12~14)
≫ 東京工業大学新技術説明会(10/25)
≫ 他11件のお知らせ
【2】産学連携活動のご紹介 ≫ 産学パートナーシップ創造展」出展報告  【3】若手研究者紹介    平成27年度「挑戦的研究賞」受賞者紹介
≫ ★「生物の多様性を生み出す分子基盤の解明」
【4】最新発明情報 ≫ 今月は未公開特許3件です 【5】最新の研究成果 ≫  3件の研究成果のご紹介 【6】新聞掲載記事 ≫ 8件の新聞掲載記事のご紹介 【編集後記】 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・+
      【1】研究・産学連携本部からのお知らせ
14件のお知らせ    +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・+
          ≫≫●東工大-アーヘン工科大学国際産学連携共同セミナー(10/6)
    「ロボティクス+ AI - 生産現場とサプライチェーン・マネジメント での
   現状と可能性-日本とドイツ・NRW州の研究と応用」
   欧州の有力大学であるアーヘン工科大学とは、これまでも日独双方でシン
   ポジウムの共同開催を行うなど、教育・研究両面で活発な交流を進めてい
   ます。
   今回は、ロボティクスおよびAIに焦点を当てた近未来の産業界を描き出す
   議論を行います。アーヘン工科大学からはサビーナ・イェシェケ教授、東
   工大からは工学院武田行生教授に基調講演をいただき、パネルディスカッ
   ションでは、大学と産業界の連携について日独企業を含めた講演者全員で
   具体的な展望を議論します。当日の講演およびパネルディスカッションと
   もに、同時通訳があります。
   日 時:2016年10月6日(木) 14:00~18:00 (13:30受付開始)
   場 所:東京工業大学 くらまえホール
   主 催:東京工業大学、アーヘン工科大学、NRWジャパン
   参加費:無料
   申 込:下記参加申し込みフォームよりお申し込みください。
       https://seminar.nrw.co.jp/NRWEvents/Form/20161006_Robotics_AI_Seminar
   懇親会・ディナーは関係者限りとなります。招待者以外は参加できません。
   ≫≫●BioJapan2016 -World Business Forum-(10/12~14)
   日 時:2016年10月12日(水)~14日(金) 10:00~17:00
   場 所:パシフィコ横浜
       公式HP: http://www.ics-expo.jp/biojapan/main/index.html
   本学からはポスター展示と共に、会期中にアカデミック・シーズ発表会
   で4名の教員がプレゼンテーションを行う予定です。
   ・生命理工学院 田川 陽一 准教授
   『液体デバイスを用いたES/iPS細胞由来肝臓モデルー動物実験代替
    法を目指して』
   ・生命理工学院 湯浅 英哉 教授
   『新しい光増感メカニズムと光線力学治療』
   『ヒト腸内細菌とその代謝経路』
   ・科学技術創成研究院 田口 秀樹 教授
   『新生タンパク質フォールディングとシャペロン効果の大規模解析』
       ≫≫●Tokyo Tech Inspiring Lecture Series 2016 「材料が拓く未来社会」(10/13)
   「世界最高の理工系総合大学」を目指す東京工業大学は,大学で行われて
   いる最先端研究を紹介すべく,Tokyo Tech Inspiring Lecture Seriesを
     開催しています。
   今回は,「高輝度・低消費電力白色光源を可能とした高効率青色LEDの発
   明」により2014年のノーベル物理学賞に輝いた,名古屋大学の天野浩教授
   をお迎えし,本学の細野秀雄教授と共に,先生方の切り拓いてきた材料科
   学・技術の世界と,それらがもたらす未来社会へのインパクトについてお
   話しいただきます。
    日 時:2016年10月13日(木)15:00~17:30(受付開始:14:30)
   場 所:東京工業大学 東工大蔵前会館くらまえホール
   主 催:東京工業大学
   後 援:公益社団法人 応用物理学会、国立研究開発法人 科学技術振興機
    構、一般社団法人 蔵前工業会
   参加費:無料
   言 語:日本語(日→英の同時通訳有)
    詳 細: http://www.titech.ac.jp/event/2016/035950.html
   申 込:下記参加申し込みフォームよりお申し込みください。
     https://form.gsic.titech.ac.jp/ru/ils/entries/new
    意見交換会は東京工業大学・蔵前関係者限りとなります。
   ≫≫●東京工業大学新技術説明会(10/25)
   日 時:2015年10月25日(火)10:00~16:00
   場 所:JST東京本部別館ホール(東京・市ヶ谷)
    主 催:東京工業大学、(独)科学技術振興機構
   内 容:特許出願済み案件(以下12件)の発明者(本学教員)による説
   明・講演
講演後、発明者(本学教員)と個別面談が可能です・EEB
   1. フッ素化合物の炭素-炭素結合生成技術の開発と工業化
  (物質理工学院 応用化学系 教授)三上幸一
  2. 新金属サブナノ粒子の創製と次世代機能材料への展開
  (科学技術創成研究院 ハイブリッドマテリアル研究ユニット 助教)
  アルブレヒト建(筆頭発明者 山元公寿)
    3. 温度応答性マイクロピラーアレイによる微粒子分離デバイス
    (科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 准教授)西迫貴志
4. 原子レベルセンサによる高感度磁気・温度・電界モニタリング技術
(工学院 電気電子系 助教)岩崎孝之
5. 有機薄膜光集積回路
(科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 助教)雨宮智宏
6. 新型熱電発電モジュールとそのウェアラブルデバイスへの応用
(科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 准教授)菅原聡
7. 懐中電灯を用いた楽しい多層映像プロジェクションマッピング
(情報理工学院 情報工学系 助教)佐藤俊樹
8. コミュニケーションロボットのための小型静粛減速機
(科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 准教授)長谷川晶一
9. カメラ内蔵ボールによるボール視点映像合成
(情報理工学院 情報工学系 教授)小池英樹
10.多様な物体を把持する流体圧ロボットハンド
(工学院 システム制御系 准教授)塚越秀行
11.チューブをより合わせるだけでできる管内推進装置
(工学院 機械系 准教授)高山俊男
12.液滴や微小物を非接触であやつる超音波技術
(科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 教授)中村健太郎
発表時間等詳細: 9月中旬に、JST新技術説明会のHP:http://shingi.jst.go.jp/に掲載されます。
   ≫≫●第86回東京工業大学技術交流セミナー(9/29)
   『「間(ま)」を合わせる歩行支援ロボット:WALK-MATE』
   今回の東京工業大学技術交流セミナーでは、三宅美博教授を講師にお招き
    し、「リズムを同調させた歩行アシストロボットの開発」についてお話頂
   きます。
   従来型のパワーアシストと異なる、リズムアシストとは?
現在・戟EH大発ベンチャーとして事業開始しているWALK-MATE LAB(株)につ
いてもご紹介いただきます。
   テーマ:『「間(ま)」を合わせる歩行支援ロボット:WALK-MATE』
  講師:東京工業大学 情報理工学院 情報工学系
     教授 三宅 美博 氏
  日時:2016年9月29日(木) 17:00~19:00
  会場:大田区産業プラザ(PiO) 5階 会議室1,2
   東京都大田区南蒲田1-20-20
参加費:無料
   申込:下記URLよりお申し込みください。
    http://www.pio-ota.jp/news/2016/08/86.html
主催:公益財団法人大田区産業振興協会
   協力:東京工業大学 研究・産学連携本部
  お問い合わせ先:
   (公財)大田区産業振興協会 イノベーション創出担当
   TEL:03-3733-6294 Mail:sangaku@pio-ota.jp

  ≫≫●東京工業大学 科学技術創成研究院 設立記念式典
  (10/7(すずかけ台地区)、10/8(大岡山地区))
   東京工業大学 科学技術創成研究院「設立記念式典」を下記のとおり開催
    いたします。
   1.日時:2016年10月7日(金)
   ・すずかけ台地区研究室公開10:00~15:00
場所:科学技術創成研究院 すずかけ台地区各研究所、センター、ユニ
 ット
   ・設立記念講演会15:00~17:30
  場 所:すずかけ台地区大学会館多目的ホール
  講 演:細野秀雄教授,大隅良典栄誉教授,白川英樹博士(2000年 ノー
      ベル化学賞受賞)
  ・記念式典17:30~19:30
   場所:すずかけ台地区 大学会館3階ラウンジ
    2.日 時:2016年10月8日(土)
    科学技術創成研究院 大岡山地区各研究所、センター、ユニット
    詳細: http://www.iir.titech.ac.jp/sikiten1007/

   ≫≫東京工業大学 、東京医科歯科大学、東京外国語大学、一橋大学
(第11回)四大学連合文化講演会(10/28)
   東京工業大学、東京医科歯科大学、東京外国語大学、一橋大学は、
   (第11回)四大学連合・カ・サ講演会を下記のとおり開催いたします。
   日 時:2016年10月28日(金)
   場 所:一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-1)
テーマ:環境・社会・人間における「安全・安心」を探る-安全で安心
の出来る社会-
   詳 細:http://www.iir.titech.ac.jp/kouenkai2016/

≫≫●工大祭2016(10/8~9)
  日 時:2016年10月8日(土)~9日(土)
   場 所:東京工業大学大岡山キャンパス
詳 細:https://koudaisai.jp/
今年度も大岡山キャンパスにて工大祭が開催されます。
   研究室公開や講演・公開講義など様々な企画が予定されております。
  ぜひご来場ください。

≫≫●新任産学連携コーディネータのご紹介
   電気電子・情報通信分野担当の浅澤 博 産学連携コーディネーター
郡 俊平産学連携コーディネーターが8月1日付けで、研究・産学連携本部に
    着任いたしました。

   ◎浅澤 博(あさざわ ひろし)
   8月1日より産学連携コーディネーターとして情報通信分野を担当する
  こととなりました浅澤 博です。これまでメーカーの通信機器開発部門に
て携帯電話の開発、携帯電話システムの通信コアおよび関連するLSIの開
   発に36年間従事していました。無線通信システム、高周波回路、アナログ
  回路が得意分野です。
  CMOS、Bipolar、GaAsトランジスタデバイスも理解しています。
  大学の研究室では情報理論・確率分布を用いた数理モデルによる最適受
  信・信号推定アルゴリズムの研究をやっていました。
  これまでの経験を生かし、また新しいことにも挑戦して産学連携の
  お役に立てるよう頑張ります。よろしくお願いします。
  ◎郡 俊平(こおり しゅんぺい)
  8月1日付で電気電子・情報分野の産学連携コーディネーターを仰せつかり
ました郡です。家電メーカに勤務後、半導体企業のコンソーシアムで大学
  との共同研究事業を推進しておりました。これまでは企業の立場から大学
  との産学連携を推進してまいりましたが、・アれから・ヘ大学・フ立場からの推
  進となりますが、引き続き大学の研究と企業の橋渡しの仕事ができるので
  楽しみです。大学と企業が相補的に連携し、win-winを実現し、ひいては
  その成果を少しでも社会に還元できるような橋渡しをできればと考えてお
  ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

≫≫●東工大社会人アカデミー主催/蔵前工業会共催 講演会
      「深海と宇宙」お申込受付中!
日 時:平成28年9月6日・20日・10月11日・18日・25日(いずれも火曜
    日)各回19:00~21:00(開場:講演開始20分前予定)
   場 所:東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館
ディジタル多目的ホール
詳 細:http://www.academy.titech.ac.jp/lecture/detail_478.html
   研究、開発、制作の最前線に立つ5名の講師による、最新のプレゼンテー
  ション!
  第1回は、「科学界のインディ・ジョーンズ」こと、長沼毅が登壇。
  「人類初の宇宙飛行の日」に生まれた彼は、深海生物から宇宙生命の謎を
  いかに解き明かすのか?
  第2回は、子どもから大人まで、わかりやすい語り口で人気の片岡龍峰が、
  「オーロラの宇宙」を語る。
  第3回は、東京工業大学で超小型衛星「TSUBAME」の開発に携わってきた松
  永三郎が、「新しい宇宙活動」を論じる。
  第4回は、来るNHK連続テレビドラマヒロインに抜擢された有村架純を
  主人公に据えたテレビドラマ、『海に降る』監督、山本剛義を迎え、制作
  秘話と、作り手としての想いを聴く。
  最終回となる第5回には、「MEGASTAR-2」がギネスワールドレコーズに認
  定され、これまで多数のアーティストとのコラボレーションを重ねてきた
  プラネタリウムクリエーター、大平貴之が登壇。
  「地上最高の星作りを目指して~MEGASTAR開発ストーリー~」と題し、開
発の最前線を語る。
皆様のご参加を、心よりお持ちしております。

≫≫●東工大社会人アカデミー・シンポジウム in 名古屋
   「ビジネス価値創出のための成熟度フレームワーク:IT-CMF」参加・メ募集
   中!
    日 時:2016年9月21日(水)13:30~17:00(受付開始13:00)
   場 所:ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
   参加費:無料
  詳 細:http://www.academy.titech.ac.jp/news/detail_480.html
IVIから教育担当ディレクターのMichael Hanley氏をお迎えし、名古屋に
   てシンポジウムを開催いたします。
  IT-CMFにより各企業は、IT利活用に関する組織の強みと弱みを知ることが
  でき、検討すべき活用力がどこにあるのかを知り、また成熟度を向上する
  指針を得ることができます。

≫≫●東工大社会人アカデミー「Enterprise Engineering コース(前
   期)」お申込受付中
   -グローバル産業リーダー育成プログラム(GINDLE)
    日 時:2016年9月2日(金)、3日(土)、9日(金)、10日(土)、16日(金)、
    17日(土)9:20~17:05
   場 所:キャンパス・イノベーションセンター410教室(東工大田町キャ
  ンパス)
詳 細:http://www.academy.titech.ac.jp/course/gindle/detail_212.html
   戦略的思考に欠かせない「デザイン思考」、「ビジネスアナリシス」、
  「エンタープライズ・アーキテクチャ」の視点から、講義と演習を行いま
  す。

≫≫●東工大社会人アカデミー「Enterprise Engineering コース(IT-CM
   F)」お申込受付中
   -グローバル産業リーダー育成プログラム(GINDLE)-(9/23、24)
    日 時:2016年9月23日(金)、24日(土)9:20~17:05
   場 所:キャンパス・イノベーションセンター410教室 (東工大田町キャ
   ンパス)
  詳 細:http://www.academy.titech.ac.jp/course/gindle/detail_212.html
IT-CMF(IT Capability Maturity Framework)についての解説及び演習を
   行います。
  一定の成績を修められた方には、「Tier3」講座が受講可能となる
  「IT-CMF associate」の受験資格が付与されます。

≫≫●東工大横浜ベンチャープラザ入居募集
   東工大YVPは、入居申込手続き、実験設備設置、
   及び条例手続きなどに関する入居相談を随時受け付けております。
    詳 細:http://www.smrj.go.jp/incubation/yvp/room/054663.html

  ※イベント情報は研究・産学連携本部HPにも掲載しています(随時更新)。
トップページのカレンダーのアイコンからご覧いただけます。 このページのトップへ

      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【2】産学連携活動のご紹介
1件のご紹介 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+          ≫≫●「産学パートナーシップ創造展」出展報告    2016年8月25日(木)、26日(金)に東京ビッグサイト(西展示棟 西2
   ホール)にて開催されました「産学パートナーシップ創造展」に産学連携
   推進本部からブース展示を行いました。合わせて、26日午後には、大竹尚
   登 副学長(研究推進担当)が同会場にてプレゼンテーションを行いまし
   た。
   ブースでは、東工大の強みを生かして産業界と連携している事例として以
   下の7点を紹介いたしました。
   ・人材育成を含めた産学連携
    「NRI(野村総合研究所)・東工大サイバーセキュリティ教育研究共創
     プログラム」
    「大田区中小企業群との連携による「協創的ものづくり環境の構築」」
    「チーム志向越境型アントレプレナー育成プログラム(CBEC)」
   ・共同研究講座を中心に据えた産学連携
    「コマツ建機革新技術共同研究講座」
    「ビッグデータ数理科学研究ユニット」
    「先進エネルギー国際研究センター(AES)におけるイノベーションプ
     ラットフォーム」
   ・先端施設活用による産学連携
    「『みんなのスパコン』TSUBAME産業利・p」
   当日は、イノベーション・ジャパン2016ならびにJST フェア2016が同時開
   催されましたこともあり、多数の来場者の方々にブースを訪問いただき、
   東工大の産学連携活動について理解していただくよい機会となりました。

              このページのトップへ

      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【3】若手研究者のご紹介
1名のご紹介 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+        前号に引き続き、平成27年度挑戦的研究賞の受賞者をご紹介いたします。
   挑戦的研究賞とは、本学の若手教員(40歳未満の准教授、講師、助教)の
   挑戦的な研究の奨励を目的として、世界最先端の研究推進、未踏分野の開拓
   萌芽的研究の革新的展開又は解決が困難とされている重要課題の追及等に果
   敢に挑戦している独創性豊かな新進気鋭の研究者を表彰する、本学独自の研
   究賞です。
   詳細はこちら→ http://www.rso.titech.ac.jp/cat7/detail_32.html
            ≫≫★「生物の多様性を生み出す分子基盤の解明」 生命理工学院 准教授 二階堂雅人    ダーウィンがその著書である「種の起源」にも記しているように、地球上
   のダーウィンがその著書である「種の起源」にも記しているように、地球
   上のあらゆる生物は、多様な環境に適応し進化することで驚くべき形態
   的・生態的多様性を獲得してきました。
   続きはこちら→ http://www.sangaku.titech.ac.jp/document/researchers/201609.html
このページのトップへ

      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・‥‥‥‥‥+
      【4】最新発明情報
特許情報公開のご紹介 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・d‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+     ≫≫●最新発明情報は、2016年9月より東工大産学連携会員のみ閲覧可能
    とさせていただきます。     (ご参考)東工大産学連携会員制度: http://www.sangaku.titech.ac.jp/system/member.html
    ≫≫●開放特許集
    http://www.sangaku.titech.ac.jp/invent/index.html
※開放特許集は、年に1度の更新予定です。今後は、更新時のみ「産学連
携推進本部からのお知らせ」にてご案内させていただきます。
このページのトップへ

     +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【5】最新の研究成果
            8件の研究成果のご紹介
          ※教員の所属は情報公開時の名称にしております
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+              
    ≫≫成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成採択課題決定。
    (科学新聞, 7/29)
   東京工業大学 IT特別教育プログラム
   (enPiT)』の採択課題4件を決定しました。本学は、阪大等ととも    に『ビッグデータ・AI・クラウド技術を用いた課題解決人材育成』に取
   り組みます。日本が抱える様々な課題を、ビッグデータ処理技術、AI技
  術、クラウド技術等の基盤技術で解決し、新たなビジネスや価値の創出を
   行える人材の育成を目指します。
・IT特別教育プログラムホームページ: http://www.itpro.titech.ac.jp/
    ≫≫● 路上生活者を深夜に実態調査、東工大など、5区で。
    (日本経済新聞, 7/30)
   東工大の大学院生らが設立した研究者グループ「ARCH」は、8月3~4
   日、台東、墨田、渋谷、新宿、豊島の東京都内5区で、路上生活者の実態
   調査「夜間東京ストリートカウント」を実施します。午前0時すぎから5時
   ・ノかけて路上・カ活者の人数を確認し、結果を分析したうえで実態に即した
   対策を都や23区に提言します。
   ・ARCHホームページ: http://archcd.wix.com/arch#!governance/uh5d2
    ≫≫●東工大、がん放射線療法、薬剤候補、投与1回で効果。 (日経産
    業新聞、8/4)
   総合理工学研究科  中村 浩之 教授
   中性子を利用したがんの放射線療法に使う薬剤の候補物質が開発されまし
   た。がん細胞が取り込む性質がある「アルブミン」というたんぱく質に、
   中性子があたるとアルファ線を出す「ホウ素」をつけた薬剤です。これま
   では、治療する間、継続的に投与する必要がありましたが、本物質は1回
   のみの投与で済みます。患者の負担が減り、安全性の高い放射線治療につ
   ながることが期待されます。
   ・中村研究室のご紹介: http://www.echem.titech.ac.jp/seminar/staffs/nakamura.html
    ≫≫●スパコン必需品時代(上)企業だって使いたい、自前で迅速に意
    思決定。(日経産業新聞, 8/8)
   学術国際情報センター  佐々木 淳 特任准教授
   ビッグデータ解析や3Dモデリングの普及に伴い、先進的な企業は、意思決
   定のスピードを上げるために自前のスパコンを活用し始めています。たと
   えば、大林組では地震対策や風圧シミュレーションにインハウスのスバコ
   ンを使っています。一方、スパコンの共同利用を積極的に進めてきた本学
   の「TSUBAME」では、最近、ベンチャー企業の利用が目立つように
   なってきています。今後、スパコンを活用してどれだけ経営判断や製品開
   発のスピードを速められるかが、ビジネスの勝敗を分ける時代になりそう
   です。
   ・学術国際情報センター共同利用推進室: http://www.gsic.titech.ac.jp/node/535
    ≫≫●「ビジネスのためのIT成熟度を評価」9月21日、東工大が名古
    屋でシンポ。(科学新聞, 8/12)
   工学院 飯島 淳一 教授
   東京工業大学社会人アカデミ・[は9月21日、シンポジウム「ビジネス価値
   創出のための成熟度フレームワーク:IT-CMF」をウインクあいち
   (名古屋市)で開催します。IT能力成熟度フレームワーク(IT-CM
   F)は、企業における「IT利活用の度合い」の評価分析ツールです。35
   の重要活用力を5段階の成熟度で評価しますが、利用企業はIT利活用に
   関する組織の強みと弱みを知り、検討すべき活用力がどこにあるのか、ま
   た成熟度を向上する指針を得ることができます。
   ・飯島研究室のご紹介: http://www.is.me.titech.ac.jp/index-j.html
    ≫≫●東工大、小型静音減速機を開発-稼働音3分の1に低減。
    (日刊工業新聞, 8/19)
   未来産業技術研究所 長谷川 晶一 准教授
   小型で静かな減速機が開発されました。ゴムローラーと内歯歯車を組み合
   わせて変速比を調整する仕組みで、特許出願済みです。ゴムローラーによ
   ってギアのかみ合い音が減り、稼働音が3分の1に小さくなりました。ぬい
   ぐるみや小道具などをロボット化する際、大きな稼働音を出さない静粛な
   サーボモーターとして、2017年の実用化を目指します。
   ・長谷川研究室のご紹介: http://haselab.net/
    ≫≫●極薄、超電導シート、東北大など、高速演算に応用期待。
     (日経産業新聞, 8/25)
   フロンティア材料研究所 川路 均 教授
   厚さが原子1個分のシート状超電導材料が開発されました。安定な金属で
   最も原子番号が大きいビスマスでできています。絶縁材料の層と交互に積
   み重なっており、絶縁層を厚くするほど超電導になる臨界温度が上がる特
   徴があります。超高速で演算できる量子コンピューターに使える可能性も
   あり、今後の研究の進展が期待されます。本件は、東北大、東大との共同
   研究の成果です。
   ・川路研究室のご紹介: http://www.msl.titech.ac.jp/~kawaji/
    ≫≫●青山学院大と東工大、厚さ10分の1の電波吸収体を開発-ETC
    などに利・p提案。 (日刊工業新・キ, 8/26)
   荒木 純道 名誉教授
   厚みが従来の10分の1の電波吸収体が開発されました。柔軟なフィルムと
   して設計でき、曲面などへの施工が容易になります。不要な電波反射の抑
   制が必要な料金自動収受システム(ETC)などでの利用を想定していま
   す。今後、材料メーカーとの共同研究を進め、1年程度での実用化を目指
   します。本件は、青山学院大学との共同研究の成果です。
   ・研究者のご紹介: http://search.star.titech.ac.jp/titech-ss/pursuer.act?event=outside&key_t2r2Rid=CTT100380697
  
                                                  このページのトップへ
     +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      **編集後記**
     +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
  
      暑い毎日ですが、時折鈴虫の音が聞こえ始めました。
秋のお祭りシーズンがやってくる楽しみな季節です。
子供時代とは違って、朝から騒ぎ通すことも少なくなりましたが
この時期は特別です。我が家は9月、3週続けてお神輿を担ぐため、
週末は朝から大人も子供もお祭りムード一色となります。
朝から賑やかに、そして今年の実りへの感謝も忘れずに過ごしたいと
思います。
そろそろ一年間眠っていた法被を出して準備をしないと。。。
(編集委員 なな)
                                                  このページのトップへ	
   

   ※本学教員の所属・肩書きは、2016年9月1日現在のものです。
   ※新聞記事・最新研究情報は2016年7月27日~2016年8月26日までの東工大
    研究関連記事・情報の中からピックアップして掲載しています。
   ※人事異動等でメルマガの送付先に変更がある場合は
    mail@sangaku.titech.ac.jpまでご一報ください。また、メルマガへの
    ご意見・ご感想もお待ちしております。

   ************************************************
   東京工業大学 研究・産学連携本部 
   〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
   Tel: 03-5734-2445 Fax: 03-5734-2482
   e-mail: mail[at]sangaku.titech.ac.jp
   URL: http://www.sangaku.titech.ac.jp/
※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。 ************************************************