<<前号 次号>>

第176号(2019.4.5)

桜の便りが次々に聞かれるこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
大岡山キャンパスも一年で最も美しい季節を迎えております。
今年度も、皆様のお役に立てますよう沢山のイベント情報・産学連携活動
をご紹介してまいりますので、引き続き東工大産学連携メールマガジンを
どうぞよろしくお願いいたします。

※ご異動等でメールマガジンの配信先に変更がある場合は、お手数ですが
ご連絡をいただけますと幸いです。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
○●●目次●●○
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】4月号特集「新しい産学連携プログラム『協働研究拠点』
       ~第1号として『コマツ革新技術共創研究所』を設置~」
【2】研究・産学連携本部からのお知らせ
  ≫ 東京工業大学・横浜銀行連携知的財産マッチング会開催(6/27)
 ≫ 研究・産学連携本部 URAの公募について 他
【3】産学連携活動のご報告
  ≫ 横浜銀行と地域経済活性化に向けた包括連携協定を締結(3/6)
【4】本学HPにて公開された研究関連情報
【編集後記】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
【1】4月号特集「新しい産学連携プログラム『協働研究拠点』
       ~第1号として『コマツ革新技術共創研究所』を設置~」
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

東京工業大学は、企業の皆様との組織対組織の大型連携を実現するため、
新しい産学連携プログラム「協働研究拠点」を開始しました。
https://www.sangaku.titech.ac.jp/document/feature/1904.html

                                           このページのトップへ
										   
 
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
【2】研究・産学連携本部からのお知らせ
    3件のお知らせ
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

≫≫●東京工業大学・横浜銀行連携知的財産マッチング会開催(6/27)
 地域産業活性化を目指し、本学が保有する特許等の知的財産を、地域の
中小企業等に紹介し、企業の製品開発や技術力の高度化、高付加価値化を
支援します。
参加申込等の詳細につきましては、後日改めてご案内いたします。

日時:2019年6月27日(木) 13時00分~17時15分
場所:東京工業大学 大岡山キャンパス
      東工大蔵前会館1階くらまえホール

予定している案件は、次の8件です。
1)管理装置、管理システム、管理方法およびコンピュータプログラム
2)機器を配線から解放する安全な光給電システム
3)多重情報表示システム及びこれに用いる照光装置
4)2次元触覚センサ
5)段差を乗り越えられる全方向移動車輪機構
6)屋外環境で使用可能な低コストパーソナル4輪搬送車両
7)狭い管路を推進可能な移動体
8)新方式による視線入力装置


≫≫●研究・産学連携本部 リサーチ・アドミニストレーターの公募につ
いて
研究・産学連携本部では、リサーチ・アドミニストレーターを公募してい
ます。
詳細は、こちらのページをご覧ください。
http://www.sangaku.titech.ac.jp/index.html


≫≫●東京工業大学 社会人アカデミー お申込み受付中の講座2件
・「ベンチャー未来塾2019」:新興企業などで意思決定に関わる方が対象
の講座
・「Institutional Research論」:大学におけるIR実務者に向けた講義を
行います
詳細:http://www.academy.titech.ac.jp/

                                           このページのトップへ
										   

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
【3】産学連携活動のご報告
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

≫≫●横浜銀行と地域経済活性化に向けた包括連携協定を締結(3/6)
 東京工業大学と横浜銀行は、3月6日、包括連携協定を締結しました。
まずは、地域産業のオープンイノベーションを加速させるため、4月1日
から、横浜銀行の行員を共同研究員として研究・産学連携本部に受け入れ
ています。
詳細はこちら→
https://www.titech.ac.jp/news/2019/043765.html

                                           このページのトップへ
										   

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
【4】本学HPにて公開された研究関連情報
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

≫≫●水素結合を利用して高分子トランジスタを開発 デジタル回路や熱
電変換素子、太陽電池などへの応用にめど(2/27)
https://www.titech.ac.jp/news/2019/043670.html


≫≫●和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能
 サンゴの遺伝子解析による生物集団の安定性の評価(2/28)
https://www.titech.ac.jp/news/2019/043621.html


≫≫●藤枝俊宣講師がバイオマテリアル・サイエンス誌の新進研究者2019
に選定(2/28)
https://www.titech.ac.jp/news/2019/043660.html


≫≫●気候変動による影響の連鎖の可視化に成功 地球温暖化問題の全体
像を人々が理解することに貢献(3/1)
https://www.titech.ac.jp/news/2019/043693.html


≫≫●物質中の電気分極を制御することに成功 強弾性や負熱膨張も実現
(3/4)
https://www.titech.ac.jp/news/2019/043686.html


≫≫●小山二三夫教授が米国光学会 2019年ホロニャック賞を受賞(3/4)
https://www.titech.ac.jp/news/2019/043637.html


≫≫●シリコンフォトニクス技術による光渦多重器を開発 光渦多重通信
の実用化へ大きく前進(3/5)
https://www.titech.ac.jp/news/2019/043712.html


≫≫●テラヘルツ集光デバイスによる非侵襲医用撮影を実現 周波数の任
意可変技術でマウス臓器の透過観測に成功(3/6)
https://www.titech.ac.jp/news/2019/043718.html


≫≫●世界最長10 mの超長尺多関節ロボットアームで、水平方向10 kg保
持を達成 廃炉調査への利用可能性を2019年度中に検討予定(3/13)
https://www.titech.ac.jp/news/2019/043767.html


                                           このページのトップへ
										   

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
**編集後記**
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

天皇の代替わりにともない新元号が「令和」に決まりました。まもなく
新しい時代の幕あけとなります。
平成への改元を振り返ると、当時私は小学生でしたが、昭和天皇の崩御に
よる改元でしたので、喪が明けるまでの一定期間は学校もお店も休みとな
り、経済活動も自粛ムードで厳粛な雰囲気だった記憶があります。一方、
この春から高校生になる息子はというと、4月1日はちょうど友達とディズ
ニーランドに行っていたため、首相官邸のインスタライブをみんなで見な
がら、大変楽しい雰囲気で新元号発表を迎えたようでした。時代の変化を
感じるとともに、明るいムードのなか新しい時代を迎えられることに、嬉
しく思いました。
「東京オリンピック」もいよいよ来年に迫ってきました。開催準備が加速
し、身の回りもオリンピック色に彩られていくことでしょう。令和時代が
平和で希望あふれる時代になりますように。
(編集委員:レモングラス)


※研究関連情報は2019年2月21日~2019年3月20日までの東工大HP研究関
連記事の中から掲載しています。
※本学教員の所属・肩書きは、2019年4月1日現在のものです。
※人事異動等でメルマガの送付先に変更がある場合は
  mail[at]sangaku.titech.ac.jp までご一報ください。
また、メルマガへのご意見・ご感想もお待ちしております。



┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏    東京工業大学 研究・産学連携本部 
┏
┏    〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
┌    Tel:03-5734-2445 Fax:03-5734-2482
┌    E-mail: mail[at]sangaku.titech.ac.jp
┌    URL: http://www.sangaku.titech.ac.jp/
┌    ※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌