<<次号 | 前号>>

第2号(2004年9月)
皆様こんにちは。東京工業大学 研究・産学連携本部のメールマガジン第1号はいかがでしたでしょうか。

今回は第2号をお届け致します。

8月末に第1号を発行し、皆様からご意見や励ましのメールをいただきました。この場をかりて御礼申し上げます。いただいたメールの中には、このメルマガを社内の電子掲示板に掲載もしくは転送したいのですが可能でしょうか、という内容のお問い合わせもありました。もちろんかまいません。社内でどんどん広めていただきますようよろしくお願いいたします。

さて今月号もバラエティにとんだ話題です。お楽しみください。
=====目次========================================================
【9月号巻頭文】 本部長代理 香取 和之
【研究・産学連携本部活動紹介】
【産学官連携事例のご紹介】 大田区の中小企業との連携
【東工大のイベント】 学術・研究公開&オープンキャンパス
【研究成果のご紹介】 鋳型非依存性RNAポリメラーゼ
【今月のクロニクル】 21世紀COEご紹介 他
【新聞掲載記事】 東工大研究関連記事ご紹介
=================================================================

=【9月号巻頭文】=====================================================
「東工大の「知」を是非ご活用願います」
研究・産学連携本部 本部長代理兼リエゾン・研究情報部門長 香取 和之
=====================================================================
東京工業大学 研究・産学連携本部のメールマガジン第2号をお届けいたします。

国立大学の東京工業大学は本年4月に法人化され、早や半年が過ぎようとしています。産業界からのご要望にきめ細かく対応すべく、「研究・産学連携本部」も4月から体制を拡充して50名弱の人員で取り組んでおります。

お蔭様で、今年度の共同研究案件は222件、受託研究案件は121件(8月末)といずれも昨年度を上回るペースで推移しています。

また、教員の特許に対する意識も高まっており、今年度の発明届出件数は153件(8月末)に達しています。これらの職務発明については、大学として出願すべきか否かを「発明評価会議」で毎週評価して対応しています。本部のホームページにこれら出願の名称、発明代表者等が順次公開されますので、注目願います。

産学連携を検討中の企業の皆様にとっては、東工大での産学連携の実例と該当企業の方々の生の声に関心がおありと思われます。この度、産学連携の実例4件の紹介記事を含む本部冊子 「産学連携―東工大の「知」を活用していただくために」 を発行の運びとなりました。次回のメールマガジン発行までには、本部のホームページにこの新冊子をアップしたいと思っていますので、ご期待下さい。

このページのトップへ

=【研究・産学連携本部活動紹介】========================================
「産学官連携手法に関連する調査研究」
===================================================================
21世紀型産学官連携手法の構築に係るモデルプログラム研究の平成15年度調査研究報告書を研究・産学連携本部のホームページの最新情報に掲載しました。

この調査研究報告書は、文部科学省大学知的財産本部整備事業の一環として実施されたもので「産学連携活動の展開に伴う大学における情報及び研究試料等の管理のあ
り方に関する調査研究」と「大学知的財産本部とTLOとの連携方策に関する調査研究」があります。

⇒調査報告書の詳細はこちらをご覧ください。
このページのトップへ

=【産学連携事例のご紹介】==========================================
「大田区の中小企業との連携」
==================================================================
東京工業大学の大竹尚登助教授は、大田区産業振興協会の産業クラスター研究会「DLC(ダイヤモンド状炭素膜)応用研究会」のメンバーとして活動しています。研究会のメンバーには大田区の中小企業4社も加わり、柔軟材料にDLCコーティングをすることにより、基材表面を保護し続けることができるようなDLCを開発することを目的としております。

⇒詳細は、「Nikkei Venture」の2004年7月号の60ページ及び
こちらをご覧ください。
このページのトップへ


=【東工大のイベント】=============================================
「すずかけ台キャンパスで第2回学術・研究公開」
「大岡山キャンパスでオープンキャンパス」   
=================================================================

東京工業大学すずかけ台キャンパス 第2回学術・研究公開

日時:平成16年10月22日(金) 10時~17時
場所:すずかけ台キャンパス

研究大学としての東工大が日本の先端科学技術をリードし,科学技術創造立国に貢献する研究を推進して成果を上げている状況を是非ご覧いただきたいと思います。また,当日は,著名な研究者による学術講演会,および学外者との学術懇談会も開催いたします。研究・教育,技術開発,起業に関心をお持ちの方々はじめ,多数のご来場をお待ちしております。

 ⇒学術・研究公開はこちらをご覧ください。


東工大で開発されたさまざまな新技術は、広く社会に還元され、新産業創造に役立てられています。すずかけ台キャンパスには、このような産業界から注目を集めている東工大の新技術を分かりやすい解説とともに紹介する「東工大新技術コーナー」があります。

このコーナーでは、東工大の産学連携に関係する組織(産学連携本部、フロンティア創造共同研究センター、ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー、インキュベーションセンター)と東工大TLO(財団法人理工学振興会)が協力して、環境・バイオ・材料・情報・機能機械等の各分野から生まれた、独自性の高い技術やそれらの技術移 転 成果をタイムリーに展示・紹介しています。学術・研究公開にお出かけの際には、ぜひお立ち寄りください。

なお、学術・研究公開以外の日でも平日であればご覧いただけます。


東工大新技術コーナー

フロンティア創造共同研究センター(S2棟)1階
開館時間 平日10時~17時(受付10時~16時)
お問合せ:045-924-5101
URL: http://www.fcrc.titech.ac.jp/tenji/plan.htm


平成16年度東京工業大学オープンキャンパス

日時:平成16年10月23日(土)10時~16時、24日(日)9時30分~16時
場所:大岡山キャンパス

研究室の公開も行われます。ご興味のあるかたはぜひお越しください。
生の東工大に触れることができます。

⇒イベントの詳細はこちらをご覧ください。

  ⇒このイベント以外にも 多数のイベントをご紹介しています。
このページのトップへ

 =【研究成果のご紹介】============================================
「鋳型非依存性RNAポリメラーゼの反応機構を解明」
================================================================
大学院生命理工学研究科の濡木理教授のグループは、鋳型を必要としないRNAポリメラーゼであるCCA付加酵素の反応機構をX線結晶構造解析により解明しました。この成果は、8月5日英国科学雑誌「Nature」オンライン版に公開されております。

詳細は、こちらをご覧ください。
このページのトップへ

=【今月のクロニクル】============================================
「21世紀COEプログラムのご紹介 古井貞煕教授」
「シリーズ 産学共同研究 中島章助教授」     
===============================================================
クロニクルでは2004年2月号より、21世紀COEプログラムのご紹介を行っております。
7月号は、古井貞煕教授の「大規模知識資源の体系化と活用基盤構築」です。図表を用いてわかりやすく解説しておりますので、ぜひ一度ご覧いただければ幸いです。

詳細は、こちらをご覧ください。


中島助教授が、「技術移転にについて思うこと」という内容でご自身のご経験をもとに執筆しております。留学での出来事、東大での体験など具体的で読みやすい内容です。詳細はこちらをご覧ください。

クロニクルのバックナンバーに関してはこちらをご覧ください。

このページのトップへ

= 【新聞掲載記事】 ==================================================
「東工大研究関連記事ご紹介」
====================================================================

最近新聞報道された東工大の研究について3件ご紹介します。

「宇宙空間ガス中で渦の巻き上がり捕らえる
--世界初・衛星の編隊観測データから東工大の研究グループ成功--」
大学院理工学研究科地球惑星科学専攻 藤本正樹助教授
(日刊工業新聞9/1)
「ゲノムネットプロ 研究体制固まる」
大学院生命工学研究科 関根光雄教授、バイオ研究基盤支援センター 白髭克彦助教授
(化学工業日報9/6)
「不気味ですか?「人間そっくり」―ロボットとどうつきあうー」」
森政弘名誉教授
(朝日新聞夕刊9/18)
このページのトップへ

◇メルマガ配信停止◇
「配信不要」と書いたメールを
mail@sangaku.titech.ac.jp までお送りください。
◇メルマガ配信申込み◇
http://www.sangaku.titech.ac.jp/mail/index.html
◇ご意見・ご感想・ご登録内容の変更◇
mail@sangaku.titech.ac.jp
************************************************
東京工業大学 研究・産学連携本部 
〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
Tel: 03-5734-2445 Fax: 03-5734-2482
e-mail: mail@sangaku.titech.ac.jp
URL: http://www.sangaku.titech.ac.jp/
************************************************