<<次号 前号>>

第77号(2011年1月)

      新年あけましておめでとうございます。本年最初のメルマガをお届けいた
      します。東工大研究・産学連携本部は、皆様に有意義な情報をお届けできる
      よう努力して参りますので、今年もよろしくお付き合いのほどお願いいた
      します。
      今月は次世代電池技術に関する産学連携交流会を開催いたします。平成23
      年1月13日まで申込を受け付けておりますので、多くの方々に是非ご参加
      を賜りたく、どうぞよろしくお願いいたします。

      ※メルマガの送付先に変更がある場合はmail[at]sangaku.titech.ac.jpまで
      ご一報ください。また、メルマガへのご意見・ご感想もお待ちしております。
   ※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。
   
      〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
      ○●●目次●●○
      〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

      【1】研究・産学連携本部からのお知らせ
        ≫ 6件のお知らせ
      【2】産学連携活動のご紹介
        ≫ 世界最高クラスのクラウド型グリーンスパコンTSUBAME2.0
         を使ってみませんか?
      【3】最新発明情報
        ≫ 今月は未公開特許情報が3件増えました
      【4】新聞掲載記事
        ≫ 4件の東工大研究関連記事のご紹介
      【編集後記】

      〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    
  
   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【巻頭言】「新年のご挨拶」
           研究・産学連携本部長代理 中西 穂高
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

      明けましておめでとうございます。旧年中は、東京工業大学の産学連携活
      動に多大なるご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

      昨年末に取りまとめられた平成23年度予算(案)では、科学研究費補助金
      が制度創設以来最大となる633億円(約32%)の増額により2,633億円に拡
      充されたほか、これまで毎年減額されてきた大学の運営に関わる予算につ
      いて6年ぶりに拡充されるなど、久しぶりに明るい兆しが見えています。
      これも、皆様方のご支援により、大学がわが国の発展に対して果たす役割
      が、世の中に広く認識されてきた成果によるものと考えております。

      こうした中、産学連携活動は、わが国が、厳しい経済環境を乗り越え、更
      なる成長を果たすために重要な役割を果たすものと期待されております。
      東京工業大学 研究・産学連携本部としては、産業界のニーズに的確に応える
      ことにより、本学の持つ知の力を中長期的な視点から企業の研究戦略と結
      び付けてまいります。また、関係官庁等との連携を含めた多面的な連携活
      動を進めていくことで、わが国経済社会の発展に貢献してまいりたいと考
      えております。

      本年もよろしくお願い申し上げます。
                                                  このページのトップへ
    
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【1】研究・産学連携本部からのお知らせ
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

      ●特定領域研究「協奏機能触媒」(終了研究領域)講演会(1/11)
       グローバルCOE「新たな分子化学創発を目指す教育研究拠点」共催
       http://www.coechem6.titech.ac.jp/event/110111.html


      ●第59回 大田区・東工大技術交流セミナー(1/13)
       ~「ナノカーボンによる高機能表面創出」~
       http://www.pio-ota.jp/news/u-seminar/post_255.html

      ●環境エネルギー機構 第1回産学連携研究交流会(1/18)第3報
      *講演題目・ポスター発表者が確定いたしました。下記詳細URLよりご覧
      になれます。
      テーマ:「次世代電池技術に向けて(太陽電池、二次電池、燃料電池)」
      日 時:平成23年1月18日(火)13:00~18:30(18:40~懇親会)
      場 所:東工大蔵前会館(大岡山駅前) くらまえホール
      主 催:東京工業大学 環境エネルギー機構
      共 催:東京工業大学 研究・産学連携本部
      参加費:3,000円(本学産学連携会員制度の会員企業は3名まで無料)
      懇親会費:3,500円
      詳 細:http://www.sangaku.titech.ac.jp/document/2010/news_1215.html
      昨年11月に発足した環境エネルギー機構の電池研究グループと企業の研究
      者等とが研究課題・内容の詳細にまで踏み込んだ議論を交わせる機会とし、
      今後の研究課題の絞込みや研究連携への展開を目的として開催致します。


      ●国際特許流通セミナー(1/24~25)
       本学産学連携コーディネーターがパネリストとして参加いたします。
       http://www.ryutu.inpit.go.jp/seminar_a/


      ●社会人教育院主催 蔵前工業会共催 連続講演会第五回 参加者募集中
       「ITが巻き起こすイノベーション」(1/26)
       1/26(水)夕刻、田町キャンパス・イノベーションセンター国際会議室
       にて
       http://www.kyoiku-in.titech.ac.jp/pdf/22koukikouen_ad.pdf


      ●グローバルCOE「ナノサイエンスを拓く量子物理学拠点」国際会議
       International Symposium "Nanoscience and Quantum Physics 2011" 
      (nanoPHYS'11) (1/26~28)
       http://gcoe.phys.titech.ac.jp/conference/detail.php?id=21


                                                  このページのトップへ
		
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【2】産学連携活動のご紹介
        ≫ 世界最高クラスのクラウド型グリーンスパコンTSUBAME2.0
         を使ってみませんか?
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

       東京工業大学学術国際情報センターは、世界最高クラスのスーパーコン
      ピュータTSUBAME2.0を、平成22年11月より運用開始致しました。平成22年
      12月2日には、東工大蔵前会館においてTSUBAME2.0披露式と見学会を開催
      し、多数の学内外の関係者においで頂きました。
       本学のTSUBAME2.0は、日本初のペタコンで演算性能では世界第4位、省
      エネ性能では世界第2位となっております。本学は、TSUBAME2.0を「みん
      なのスパコン」とし、学外の方にも有効に利用していただくため、共同利
      用を行っております。TSUBAME2.0を広い範囲の方に使っていただき、より
      多くの学術的貢献のみならず、産業上の貢献、社会貢献ができることを期
      待しております。皆様もTSUBAME2.0を使ってみませんか?
       TSUBAME共同利用サービスについては、下記URLをご参照ください。
       http://www.gsic.titech.ac.jp/kyodou
   

                                                  このページのトップへ
		
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【3】最新発明情報
            特許情報公開のご紹介
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

      研究・産学連携本部のHPでは、特許情報をご紹介しています。今月は未公開
      特許情報が3件増えました。詳しくはHPをご覧ください。
      HP:http://www.sangaku.titech.ac.jp/invent/member.html


                                                  このページのトップへ
    
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【4】新聞掲載記事
            4件の東工大研究関連記事のご紹介
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

      ≫≫●高分子の「自己組織化」を利用して、HDDの容量8倍
         (日経産業新聞11/26、日刊工業新聞11/26、日本情報産業新聞12/6)
         理工学研究科 有機・高分子物質専攻 早川 晃鏡 准教授
       
      基板上に電子ビームで小さなドットを作り、その上に高分子材料を置くと
      自己組織化により自然にドットができます。これを型にすることで、HDD
      の記憶容量を現在の8倍に高められる記録密度が世界最高の技術を開発し
      ました。ビットパターンのため相互作用が少なく、読み取りエラーも少な
      いことが特徴です。この研究成果は、京都大学、日立製作所などとの共同
      研究によるものです。
      ・内容詳細 http://www.titech.ac.jp/file/101125_hayakawa.pdf
      ・柿本・早川研究室 http://www.op.titech.ac.jp/lab/kakimoto/index.html


      ≫≫●制御システム開発により、EVの電池を工場・オフィスに活用
         (日経産業新聞12/3、電気新聞12/3)
         ソリューション研究機構 先進エネルギー国際研究センター
                             黒川 浩助 特任教授
       
      電気自動車(EV)に搭載された電池を工場やオフィスビルの蓄電池として活
      用するシステムを開発がNEDOの事業で開始されます。太陽光発電でi-MiEV
       5台にためた電気を、必要な時に工場などで活用できるようにします。本
      学の教員が指導を行います。
      ・内容詳細 http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2010/html/0000011451.html
      ・再生可能エネルギー共同研究部門
       http://aes.ssr.titech.ac.jp/research/section/c_id/7


      ≫≫●理系さん必携?の『英単』 人材育成で編さん(中日新聞夕刊12/4)

      本学の英語教育担当者らが国際的な人材育成のため重要な専門用語などを
      まとめた「東工大英語学術語彙データベース」を活用し、科学技術分野で
      よく使われる英文を約1,800例(見出し語約250)収録した「東工大英単」
      を編さんし、出版大手の研究社から来年2月に発行します。理工系の学生
      や研究者、企業エンジニアを対象としており、付属CDで正確な発音を学ぶ
      こともできます。
      ・内容詳細 http://www.titech.ac.jp/file/101203_toukoudaieitan.pdf


      ≫≫●蔵前工業会主催、ベンチャー賞にインフォデリバ、
         特別賞はファナック(日刊工業新聞12/14)

      本学の同窓会である蔵前工業会は、同窓生を対象として2賞を選定し、蔵
      前ベンチャー賞に日系企業のバックオフィス業務を手がけるInfoDeliver
      を、蔵前特別賞にファナックを表彰しました。
      ・内容詳細 http://kuramae-kvs.sakura.ne.jp/seminar/kvsseminar25_lecturerecord.pdf
      ・蔵前ベンチャー相談室 http://kuramae-kvs.sakura.ne.jp/


      ※本学教員の所属・肩書きは、2010年12月1日現在のものです。


                                                  このページのトップへ
    
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      **編集後記**
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

      明けましておめでとうございます。
       
      昨年は、景気の悪化や政治の混乱など、暗い話題が多いなか、スポーツ選
      手の活躍、ノーベル賞の受賞や「はやぶさ」の帰還など、心を明るくして
      くれるできごともありました。
      個人的には就職難や若者の消費離れ、草食化等、若い世代の苦悩に関する
      ニュースがよく目につきました。
      皆さまはいかがでしょうか。
       
      今年は、景気がよくなり、明るい話題にたくさん出会えることを願ってい
      ます。皆が希望をもって、勉学や仕事に励むことができますように。
       
      (編集委員 T-MIX)


                                                  このページのトップへ
    
   -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   ◇メルマガ配信停止◇
   「配信不要」と書いたメールを
   mail[at]sangaku.titech.ac.jpまでお送りください。
   ◇メルマガ配信申込み◇
   http://www.sangaku.titech.ac.jp/mail/index.html
   ◇ご意見・ご感想・ご登録内容の変更◇
   mail[at]sangaku.titech.ac.jp
   ※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。
   -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   ************************************************
    東京工業大学 研究・産学連携本部 
    〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
    Tel: 03-5734-2445   Fax: 03-5734-2482
     e-mail: mail[at]sangaku.titech.ac.jp
     URL: http://www.sangaku.titech.ac.jp/
    ※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。
   ************************************************