<<次号 前号>>

第79号(2011年3月)

      みなさまこんにちは。
      だんだんと暖かい日が多くなり、春が近づいているのを感じます。
      今月は東工大の新技術説明会を開催いたします。ふるってご参加ください
      ますよう、よろしくお願いいたします。

   ※メルマガの送付先に変更がある場合はmail[at]sangaku.titech.ac.jpまで
      ご一報ください。また、メルマガへのご意見・ご感想もお待ちしております。
   ※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。
   
      〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
      ○●●目次●●○
      〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

      【1】研究・産学連携本部からのお知らせ
        ≫ 6件のお知らせ
      【2】産学連携活動のご紹介
        ≫ NEDOフェロー活動のご報告
      【3】最新発明情報
        ≫ 今月は未公開特許情報が3件増えました
      【4】新聞掲載記事
        ≫ 3件の東工大研究関連記事のご紹介
      【編集後記】

      〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【1】研究・産学連携本部からのお知らせ
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

      ●社会人教育院講演会「技術者のためのマネジメント・スキルアップ」
       第6回「ビジネスエコシステム(生態系)を作り、育て、収穫する方
      法」田町キャンパスイノベーションセンターにて(3/9)
      http://www.kyoiku-in.titech.ac.jp/news/docs/22koukikouen_ad.pdf


      ●東工大主催 公開講演会「東工大の最先端研究=エネルギー・環境=」
       参加者募集・残席わずか(社会人教育院)(3/16)
      http://www.kyoiku-in.titech.ac.jp/news/detail_52.html


      ●第8回都市地震工学国際会議(グローバルCOEプログラム)(3/7-8)
       http://www.cuee.titech.ac.jp/Conference_2011/index.htm


      ●AESセンター1周年記念シンポジウム(3/10)
       「低炭素社会への道―日本の戦略と大学の役割―」
    AESセンターホームページ:http://aes.ssr.titech.ac.jp/


   ●東京工業大学新技術説明会(3/25)
       テーマ:材料分野
       日 時:2011年3月25日(金)13:00~16:40
       場 所:科学技術振興機構JSTホール(東京・市ヶ谷)
       主 催:東京工業大学、(独)科学技術振興機構
       後 援:(独)中小企業基盤整備機構
       協 力:全国イノベーション推進機関ネットワーク
       詳 細:(http://jstshingi.jp/titech/2010/)


   ●東工大社会人教育院 理工系一般プログラム受講生 募集中
       「環境工学~循環型社会形成に向けたプロセス技術~」
       (4/8~7/29毎週金曜18:30~20:30全15回、15,000円)
       「環境科学~人類と地球の調和をめざして~」
       (5/14~7/2土曜集中14:00~18:10全15回、15,000円)
    http://www.kyoiku-in.titech.ac.jp/news/detail_54.html



                                                  このページのトップへ
		
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【2】産学連携活動のご紹介
        ≫ 「NEDOフェローの研修期間を終えて」
         産学連携コーディネーター(NEDOフェロー) 松林 真奈美
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

      みなさん、こんにちは。
      2008年7月1日より、NEDOフェローとして研究・産学連携本部で研修をしてお
      りました。"NEDOフェロー"は、NEDOの「産業技術フェローシップ事業」と
      いう技術シーズを実用化、事業化につなげる若手人材を育成する事業に採
      択された養成者につけられています。

      私は企業経験もなく産学連携の世界に飛び込みましたので、本部で行われ
      ていることは新しいことだらけでした。特許という言葉は知っているけれ
      ど、というレベルから始まり、契約書なんてじっくり読んだこともありま
      せんでしたので、周りの人に教えていただいて一段ずつ階段を上っている
      というのが実感です。初めて企業との契約がまとまった時は、随分と嬉し
      かったことを覚えています。ちなみに、今お読みいただいてるメールマガ
      ジンでも最近の研究成果や新聞掲載記事を担当しております。

      NEDOフェローの事業は私の代が最終年度でこの3月で終了となります。こ
      れまでに他の産学連携部署の方々と知り合いましたが、同世代にめぐり合
      うことは少なく、その場合でもNEDOフェローだったということもしばしば
      でした。若手が産学連携の世界に入るきっかけとなるいい制度でしたので
      終わってしまうのは残念です。

      私は4月からも引続き東工大でコーディネーターとして活動いたします。
      技術相談の窓口や地域連携、起業支援なども担当します。コーディネー
      ターはあくまでも黒子ですから、役者が輝くようサポートを行いながら、
      自分もさらに階段を上っていければと思っております。
      今後ともよろしくお願いします。

                                                  このページのトップへ
		
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【3】最新発明情報
            特許情報公開のご紹介
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

      研究・産学連携本部のHPでは、特許情報をご紹介しています。今月は未公開
      特許情報が3件増えました。詳しくはHPをご覧ください。
      HP:http://www.sangaku.titech.ac.jp/invent/member.html


                                                  このページのトップへ
    
    
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【4】新聞掲載記事
            3件の東工大研究関連記事のご紹介
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

      ≫≫●近・遠距離で3D生中継、スポーツ番組向け撮影技術
          (日経産業新聞1/24)
         精密工学研究所 張 暁林 准教授
       
      東工大発ベンチャーのBi2-Visionは、人の目の仕組みを参考に、2台のカ
      メラを最適な位置に合わせる技術により、遠距離と近距離の広範囲を3D撮
      影できる技術を開発しました。サッカーの生中継に応用すれば、チーム全
      体を遠景から、ゴールシーンを近景でと、映像表現が豊かになります。上
      空からの立体撮影もでき、3Dテレビの番組など向けに、今年の製品化を目
      指します。
      ・Bi2-Vision http://www.bi2vision.com/
      ・張研究室 hhttp://www.zhang.pi.titech.ac.jp/


     ≫≫●超電導の新材料、超高速演算素子に道
          (日本経済新聞2/2夕刊、日経産業新聞2/3、日刊工業新聞2/3)
         フロンティア研究機構 細野 秀雄 教授、溝口 拓 特任准教授
       
      抵抗がゼロで電気が高速に流れる層と抵抗が大きくてゆっくり流れる層が
      交互に積み重なっている、-269℃に冷やすと電気抵抗がゼロになる、Bi、
      Ni、Ceからなる新たな超電導材料を開発しました。抵抗が大きい層にデー
      タを蓄えて、抵抗がゼロの層でデータを伝達するような、新型演算素子を
      実現できる可能性があります。この研究成果は、物質・材料研究機構との
      共同研究によるものです。
      ・内容詳細 http://wwwold.titech.ac.jp/tokyo-tech-in-the-news/j/archives/2011/02/1265068800.html
      ・細野・神谷研究室 http://lucid.msl.titech.ac.jp/~www/

     
     ≫≫●がん病巣、光で照らし特定、岐阜薬科大など、低酸素で輝く化合物
         利用 (日経産業新聞2/9)
         生命理工学研究科 生体分子機能工学専攻 近藤 科江 教授
       
      固形がんの約20~30%は周囲よりも酸素が減ることから、酸素が少ないと
      輝く化合物をがんの病巣に送り込み、近赤外光で照らして見つける新手法
      を開発しました。肝臓がんや脳腫瘍などの手術中に、がんの取り残しを防
      ぐ手法などに応用できる可能性があります。この研究成果は、岐阜薬科大
      学との共同研究によるものです。
      ・近藤研究室 http://www.kondohlab.bio.titech.ac.jp/
      

      ※本学教員の所属・肩書きは、2011年2月1日現在のものです。


                                                  このページのトップへ
    
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      **編集後記**
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

      2月下旬のある日、仕事帰りに仲間と大岡山の某所でビールを飲みまし
      た。ここからの夜景は一見の価値ありです。広いガラス窓から黒いシルエ
      ットとなった桜並木の向こうにライトアップされた大学本館の塔が見えま
      す。眼下には通称チーズケーキといわれる3階建てのガラスハウスが明る
      く輝いています。ガラスハウスの手前のスロープは、暗い中まだ造園作業
      が続いていました。間もなく新図書館が完成します。そう、ここは百年記
      念館の4階のレストランです。ビールとこの景色を楽しみに一度如何でし
      ょうか。

      (編集委員 テトロドトキシン)


                                                  このページのトップへ
    
   -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   ◇メルマガ配信停止◇
   「配信不要」と書いたメールを
   mail[at]sangaku.titech.ac.jpまでお送りください。
   ◇メルマガ配信申込み◇
   http://www.sangaku.titech.ac.jp/mail/index.html
   ◇ご意見・ご感想・ご登録内容の変更◇
   mail[at]sangaku.titech.ac.jp
   ※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。
   -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   ************************************************
    東京工業大学 研究・産学連携本部 
    〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
    Tel: 03-5734-2445   Fax: 03-5734-2482
     e-mail: mail[at]sangaku.titech.ac.jp
     URL: http://www.sangaku.titech.ac.jp/
    ※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。
   ************************************************