<<次号 前号>>

第83号(2011年7月)

       皆さまこんにちは。今年も暑い季節がやってまいりました。
      今月は、本年3月に開催を予定しておりましたが、東日本大震災の影響に
      より開催を延期としておりました東工大新技術説明会開催のお知らせを掲
      載しております。みなさま是非ご参加くださいますようお願い致します。

      ※メルマガの送付先に変更がある場合はmail[at]sangaku.titech.ac.jpまで
      ご一報ください。また、メルマガへのご意見・ご感想もお待ちしております。
   ※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。

   
      〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
      ○●●目次●●○
      〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

      【1】研究・産学連携本部からのお知らせ
        ≫ 10件のお知らせ
      【2】産学連携活動のご紹介
       ≫ 「第4回産学連携会員制度年次総会の開催について」
      【3】最新発明情報
        ≫ 今月は未公開特許情報が7件増えました
      【4】最近の研究成果
        ≫ 1件の研究成果のご紹介
      【5】新聞掲載記事
        ≫ 5件の東工大研究関連記事のご紹介
      【編集後記】

      〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【1】研究・産学連携本部からのお知らせ
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

      ●第61回大田区・東工大技術交流セミナー(7/6)
 『福島第一原子力発電所の事故と今後の課題』 http://www.pio-ota.jp/news/u-seminar/61.html ●東工大YVPビジネスセミナー(7/28)
 「事業の基礎固めと将来のIPO(企業公開)」   http://www.smrj.go.jp/incubation/yvp/seminar/055152.html ●東京工業大学新技術説明会(8/2)
 テーマ:材料分野
 日 時:2011年8月2日(火)13:00~16:40
 場 所:科学技術振興機構JSTホール(東京・市ヶ谷)
 主 催:東京工業大学、(独)科学技術振興機構
 後 援:(独)中小企業基盤整備機構
     全国イノベーション推進機関ネットワーク 詳 細:http://jstshingi.jp/titech/2011/     東日本大震災の影響で開催延期とさせていただいておりましたが、8月2日
 開催が決定致しました。是非お越しください。
●2011年度(第5回)蔵前ベンチャー賞募集のお知らせ(8/31締切)
(社)蔵前工業会ではベンチャーの支援・育成活動を一層強化する目的で、
蔵前ベンチャー賞の授与と表彰を2007年度から行っています。皆様からの
応募及び推薦をお待ちしています。  http://kuramae-kvs.sakura.ne.jp/   ●東工大横浜ベンチャープラザ入居募集について  現在、東工大YVPでは入居相談を随時受け付けております。  http://www.smrj.go.jp/incubation/yvp/room/ 問合せ:東工大YVP IM室/TEL:045-989-2205 ●東工大 社会人教育院 理工系一般プログラム(後期)
 8/1(月)より受講生募集開始予定
 「食の安全と安心」
(10/4~1/24 毎週火曜日 18:30~20:30 全15回 15,000円) http://www.kyoiku-in.titech.ac.jp/ ●海外展示会TechConnect World Conference & Expo 2011に出展しました
 2011年6月13日~16日、米国ボストンHynes Convention Centerにて開催
されたナノテクやクリーンエネルギーの技術移転国際会議・展示会に出展
しました。海外出願をした本学特許技術の展示、紹介とマーケッティング
を行いました。50社を上回る方々とお会いし、今後のライセンス活動や国
際連携への第一歩としました。 土地柄、MIT、ハー バード大による技術
講演、ポスターセッション、連携窓口の紹介と技術展示の活発さ、またド
イツ、スイス、イタリア、カナダの展示や中国-USナノテク技術セッショ
ン等、国を挙げての技術売込みは目を見張るものでした。
●本学の前期授業日程と一斉休業についてお知らせ(8/11-12、16-17)  本学は、今夏の電力需要状況に鑑み、前期授業の日程を変更しておりま す。前期授業は基本的に7月の第2週で終了となりますが、産学連携推進 本部は通常通り業務を行っております。 ・授業日程について:http://www.titech.ac.jp/topics/news/detail_1900.html?id=topics 今夏は、省エネルギー推進のための夏季一斉休業及び大学院入学試験に 伴う節電対策のための臨時休業を、下記の日程で実施いたします。当該期 間は業務を行いませんのでご注意ください。  *夏季一斉休業:平成23年8月11日(木)~12日(金)  *臨時休業:平成23年8月16日(火)~17日(水) ●附属図書館大岡山本館のグランドオープンについて  新図書館は2011年7月4日(月)にグランドオープンいたします。当日は オープニングセレモニー等学内行事のため、開館時間は12時~21時となり ます。なお、翌7月5日(火)からは通常開館となります。 (移転作業のため、7月3日(日)までは閉館しております。) ・新図書館プロジェクト:http://www.libra.titech.ac.jp/newlib/welcome.html ・東工大附属図書館:http://www.libra.titech.ac.jp/welcome.php ●東京工業大学基金への募金のお願い  本学では、奨学金の充実、教育研究環境の整備充実等を目的として、東 京工業大学基金(東工大基金)を設置し、企業の皆様に対して、ご支援を お願いしております。東工大基金は、奨学金に企業の冠をつけることや使 途を特定するなど様々な支援の方法があります。また、東工大基金への寄 附は、法人税法上の優遇措置が受けられますし、寄附いただいた方々への 御礼として、本学の教職員と学生との交流を図るイベントの開催や銘板の 設置などの特典をご用意しております。皆様方からのご理解・ご協力を賜 りますようお願いいたします。  http://www.130th.titech.ac.jp/fund/index.html このページのトップへ
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【2】産学連携活動のご紹介
        「第4回産学連携会員制度年次総会の開催について」
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

       産学連携会員制度の第4回年次総会を、6月14日、大岡山駅前の東工大
      蔵前会館ロイアルブルーホールにて、会員および学内関係者約70名の参加
      を得て開催いたしました。
       総会では、伊賀学長より本学の研究教育の現状や将来構想などを交えた
      挨拶、研究・産学連携本部の中西本部長代理から会員制度の具体的運営状況
      や2010年度計画などの報告を致しました。今年は、世界的な関心事となっ
      ている「福島第一原子力発電所の事故について」、本学理工学研究科の鈴
      木正昭教授に特別講演を頂きました。テレビでも定評のある分かりやすい
      解説で大変好評でした。総会終了後、百年記念館において交流会を開催し、
      会員の方々と学長はじめ大学幹部、教員、本部員、コーディネーターなど
      が懇親を深めました。
       本学の産学連携会員制度は、会員企業と本学が望ましい産学連携の在り
      方を検討し、それぞれに最適な形態で産学連携を行う場としております。
      具体的には、会員企業ごとに定められた担当コーディネーターと会員企業
      の担当者とが、会員企業の要望に適した産学連携の対象や方法を相談・議
      論し、技術相談、大学シーズの紹介や共同研究の検討のための会合を設定
      しております。また、会員企業の経営幹部と本学の幹部(学長及び副学
      長)が一堂に会する意見交換会を開催し、相互理解の増進と望ましい産学
      連携活動の推進に役立てております。その他、共同研究講座・部門の設置
      のご相談、本学教員の出前セミナーの開催など多様なメニューを用意して
      おります。
       本学の産学連携会員制度にご関心のある方は研究・産学連携本部のホーム
      ページをご覧ください。
      (http://www.sangaku.titech.ac.jp/system/member.html)
       また、ご質問などありましたら会員担当(Tel:03-5734-2445, E-mail:
      member@sangaku.titech.ac.jp)までお問合せください。

                                                  このページのトップへ
		
  
    +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【3】最新発明情報
            特許情報公開のご紹介
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

      研究・産学連携本部のHPでは、特許情報をご紹介しています。今月は未公開
      特許情報が7件増えました。詳しくはHPをご覧ください。
      HP:http://www.sangaku.titech.ac.jp/invent/member.html


                                                  このページのトップへ
    
    
    +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【4】最近の研究成果
            1件の研究成果のご紹介
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

      ≫≫●Colossal negative thermal expansion in BiNiO3 induced by 
         intermetallic charge transfer
         Nature Communications 14 June 2011
         : 2, 347 doi: 10.1038/ncomms1361
         応用セラミックス研究所 東 正樹 教授
                     岡 研吾 特任助教

      Ni酸化物に希少金属のBi、Laを混ぜたセラミックスが温めると縮む材料で
      あることを発見しました。0~120℃までの間では、温度を上げると長さが
      約1%、体積が約3%縮みます。縮小率はこれまで最高のMn化合物の3倍を
      超えます。この新材料と普通の材料を組み合わせれば、温度変化で伸び縮
      みしない材料がつくれる可能性があります。
       ・内容詳細 http://wwwold.titech.ac.jp/tokyo-tech-in-the-news/j/archives/2011/06/1276559998.html
       ・東研究室 http://www.msl.titech.ac.jp/~azumalab/Azuma_Laboratory/Welcome.html


                                                  このページのトップへ
    
    
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【5】新聞掲載記事
            5件の東工大研究関連記事のご紹介
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 
    ≫≫●配線せずカラー表示できる電子ペーパー向け素子技術を開発 
         (日刊工業新聞5/24)
         総合理工学研究科物質電子化学専攻 渕上 壽雄 教授
                          稲木 信介 助教
       
      電極の間に導体を入れると、プラス極に接した導体面がマイナスに、マイ
      ナス極に接した導体面がプラスに、それぞれ新たに分極する「バイポーラ
      電極」を使い、電圧をかけると色が変わる導電性高分子に重ねることで、
      配線せずに色を表示できる新技術を開発しました。細かな素子製造の手間
      とコストが抑えられ、電子ペーパーの表示への応用が期待されます。
        ・渕上研究室   http://www.echem.titech.ac.jp/~fuchi/index.html



      ≫≫●福島第一汚染水浄化技術を開発 (電気新聞6/3)
         原子炉工学研究所 有冨 正憲 教授

      低コストで大量に入手可能な放射性物質吸着剤「フェロシアン化鉄」と独
      自開発の「凝集沈降剤」を組み合わせた放射性汚染水の浄化技術を開発し、
      実用化に向けた検討を進めています。模擬汚染水を使った実験では、Cs濃
      度を1/10,000まで低下させることに成功しました。ゼオライトと比較して
      短期間で処理できることや、放射性廃棄物の量を抑えられるメリットがあ
      ります。


     ≫≫●コバルト含有の超電導材料を発見 
         (日経産業新聞6/10、科学新聞6/17)
         フロンティア研究機構 細野 秀雄 教授
                    溝口 拓 特任准教授

      強力な磁石になる磁性元素のコバルト、ランタン、ホウ素を含む、絶対温
      度4度で電気抵抗がゼロになる新しい超電導材料を発見しました。コバル
      トが超電導を引き起こすとみています。今後、鉄、コバルト、ニッケルの
      性質を解析し、元素の含有量や構造を改良することで、臨界温度が今の最
      高値を上回る材料も実現することが期待されます。
       ・内容詳細 http://wwwold.titech.ac.jp/tokyo-tech-in-the-news/j/archives/2011/06/1276559999.html
    ・細野・神谷研究室 http://lucid.msl.titech.ac.jp/~www/


     
     ≫≫●「学内研究者を横断的に検索」できるシステムを稼働 
         (科学新聞6/10)

      所属する研究者の様々な情報を簡便に調べることができる研究者検索シス
      テム「東京工業大学STARサーチ」の運用を開始しました。研究者の著書や
      論文、特許等の情報を蓄積した機関リポジトリシステムや、各教員が自主
      的に講義資料等を蓄積して公開するシステムにあるデータ群を横断的に結
      ぶことができる専用のインタフェース(API)で1回のアクセスで多くの情
      報を検索できます。
       ・東京工業大学STARサーチ http://search.star.titech.ac.jp/titech-ss/search.act
        

     ≫≫●温めると縮む新材料を開発 
         (朝日新聞6/15朝刊、京都新聞朝刊6/15、日刊工業新聞6/15、
         日経産業新聞6/16)
         応用セラミックス研究所 東 正樹 教授
                     岡 研吾 特任助教

      →【最近の研究成果】をご覧ください。

      
      ※本学教員の所属・肩書きは、2011年6月1日現在のものです。


                                                  このページのトップへ
    
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      **編集後記**
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


       梅雨に入り紫陽花がきれいに咲きほこる時期になりました。我が家の紫陽
      花もぽつぽつ咲き始めています。
      今年は節電の一環としてGWには緑のカーテンが話題となりました。ツル
      植物であればいいのですが、とりわけ食することもできるゴーヤが人気と
      のこと。ゴーヤは実をたくさんつけるそうで、この夏は色鮮やかなゴーヤ
      料理に彩られる食卓も増えそうです。
      苦くて栄養満点のゴーヤのような、特長のある技術をご紹介していきたい
      と思っています。

      (編集委員 七変化)

                                                  このページのトップへ
    
   -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   ◇メルマガ配信停止◇
   「配信不要」と書いたメールを
   mail[at]sangaku.titech.ac.jpまでお送りください。
   ◇メルマガ配信申込み◇
   http://www.sangaku.titech.ac.jp/mail/index.html
   ◇ご意見・ご感想・ご登録内容の変更◇
   mail[at]sangaku.titech.ac.jp
   ※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。
   -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   ************************************************
    東京工業大学 研究・産学連携本部 
    〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
    Tel: 03-5734-2445   Fax: 03-5734-2482
     e-mail: mail[at]sangaku.titech.ac.jp
     URL: http://www.sangaku.titech.ac.jp/
    ※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。
   ************************************************