<<次号 前号>>

第95号(2012年7月)

      暑さが日ごとに増してまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
      さて、今月号では先日開催した産学連携会員制度年次総会についての
      報告を掲載しております。是非ご一読ください。産学連携会員制度に
      ご興味を持たれた方は、研究・産学連携本部までお問い合わせください。

    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ○●●目次●●○ 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 【1】研究・産学連携本部からのお知らせ ≫ 11件のお知らせ 【2】産学連携活動のご紹介    ≫ 第5回産学連携会員制度年次総会の開催について 【3】最新発明情報 ≫ 今月は未公開特許情報が6件増えました 【4】最近の研究成果 ≫ 1件の研究成果のご紹介 【5】新聞掲載記事 ≫ 11件の東工大研究関連記事のご紹介 【編集後記】 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【1】研究・産学連携本部からのお知らせ
            11件のお知らせ
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

       ≫≫●海外展示会TechConnect2012の Innovation Showcaseに出展しました
 2012年6月18~21日に米国カリフォルニア州Santa Clara Convention Ce
nterにて開催されましたTechConnect2012国際会議・展示会において、Innov
ation Showcaseにて本学の以下の4点のシーズを展示しました。
1) 「光ファイバーを用いた高速屈折率測定装置」
総合理工学研究科 中村 健太郎 教授
2) 「放電電極の閾値制御技術」
総合理工学研究科 須崎 友文 准教授
3) 「可変薄膜ミラーを用いた機械的光スイッチ」
総合理工学研究科 佐藤 海二 准教授
4) 「イオン液体を用いた光アップコンバージョン技術」
グローバルエッジ研究院 村上 陽一 助教
およそ30社・機関の方々と個別の展示テーマや産学連携活動についての
意見交換を行う機会となりました。
シリコンバレーにて開催されましたため米国内外の多くのベンチャー
投資家も参加しており、参加者の革新的技術の導入や起業についての関心は
非常に高く、積極的な姿勢を感じました。
   ≫≫●ライフ・エンジニアリング機構 第1回医療系機器開発セミナー
(7/9)
「医療機器ビジネスの特徴と参入実例」
医療機器産業特有の課題を参入実例とともに概説し、異業種参入を
参加者とともに考えることを目的とするセミナーです。  http://www.lde.titech.ac.jp/event/event03.html    ≫≫●第25回先端技術見本市 テクノトランスファーinかわさき2012
(7/11~7/13)
「熱可塑性CFRP自身の抵抗を利用したジュール発熱による融着法」
理工学研究科 機械物理工学専攻 水谷義弘 准教授が上記テーマで技術
シーズ提供セミナーを行います。  http://www.tech-kawasaki.jp/ttk2012/semig.html
  ≫≫●TECHNO-FRONTIER2012に出展します。(7/11~13)
電気・電子工学専攻千葉研究室のベアリングレスモータとスイッチトリ
ラクタンスモータ、メカノマイクロ工学専攻佐藤海二研究室の永久磁石を
用いないリニアアクチュエータと永久磁石を用いない平面モータを出展し
ます。     https://evt-web.jp/techno2012/jp/disp.php?exhid=X00186 ≫≫●第67回 東京工業大学技術交流セミナー(7/20)
『みんなでやろう,革新的パワーエレで省エネ,節電対策』
大田区産業振興協会主催のセミナーで本学の嶋田隆一 教授が講演します。     http://www.pio-ota.jp/news/u-seminar/67.html ≫≫●第2回Tech カフェ(7/23)
本学教員・学生の技術を紹介、新たなベンチャー企業創出の機会として、
Tech カフェを開催致します。第1回のTechカフェで紹介した川嶋准教授の
手術ロボットは皆様のご関心をいただき、大変盛況でした。
今回はその後のご報告とメインの発表はナノファイバーの製造技術をコア
技術とする東工大発ベンチャーのビジネスプランをご紹介します。
皆様のご参加をお待ちしております。
   日 時: 2012年7月23日(月) 18:00~
   会 場: 東京工業大学 大岡山キャンパス内 
        ロイアルブルーホール(東工大蔵前会館)    詳 細:http://www.sangaku.titech.ac.jp/document/2012/news_techcafe2.html    参加ご希望の方は、までお名前・ご所属を明記の上、
   techcafe[at]sangaku.titech.ac.jpまでお申し込みください。
≫≫●高校生・一般向け公開講演会「東工大が誇る若手研究者たち」開催
(8/9,10,20,23,29~31)
特に高校生のご家族をお持ちの方は、要チェック!
東工大の若手研究者が最先端の科学・技術をわかりやすくお話しします。    http://kyoiku-in.titech.ac.jp/cat13/detail_27.html ≫≫●第2回おおた研究・開発フェア(10/4,5)
場 所:大田区産業プラザ(PiO)1F 大展示ホール
企業・大学・研究機関の新製品・新技術展です。本学からは理工学研究科
機械物理工学専攻 武田 行生 教授が参加予定です。 ≫≫●東工大「精密工学研究所公開」(10/26)
主に企業の方を対象にした催しで、精密工学研究所の機械制御、電子、
情報、材料分野の最先端研究や教育活動をご覧いただける研究所公開を開
催予定しています。 ≫≫●日本を明るく元気にする"よい仕事おこし"フェア(11/1)
日 時:2012年11月1日(木)10:00~18:00
場 所:東京ドーム
研究・産学連携本部が出展し、東工大発の原発事故対策に役立つ技術
(不整地走行ロボット、セシウム汚染水処理システム)を紹介します。    http://jsbank.co.jp/fair/gaiyo.html ≫≫●東工大横浜ベンチャープラザ入居募集について
現在、東工大YVPでは入居相談を随時受け付けております。    http://www.smrj.go.jp/incubation/yvp/room/  問合せ:東工大YVP IM室/TEL:045-989-2205
※イベント情報は研究・産学連携本部HPにも掲載しています(随時更新)。 トップページのカレンダーのアイコンからご覧いただけます。
このページのトップへ
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【2】産学連携活動のご紹介  
    第5回産学連携会員制度年次総会の開催について +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+ 産学連携会員制度の第5回年次総会を、6月13日、東工大百年記念館フ
ェライト記念会議室で会員および学内関係者約70名の参加を得て開催いた
しました。
総会では、伊賀学長より本学の研究教育の現状や将来構想などを交えた
挨拶、研究・産学連携本部の中西本部長代理から会員制度の具体的運営状況
や2012年度計画の報告を致しました。今年の特別講演は、リベラルアーツ
センターの池上彰教授に「世界を読む」というテーマで講演を行いました。
 テレビでも定評のある分かりやすい語り口で、いろいろな世界地図を小
道具にして世界のさまざまな問題や物の見方を解説して大変好評でした。
総会終了後には、百年記念館レストラン角笛において交流会を開催し、会
員の方々と学長はじめ大学幹部、教員、本部員、コーディネーターなどが
懇親を深めました。
本学の産学連携会員制度では、会員企業ごとに定められた担当コーデ
ィネーターと会員企業の担当者とが、会員企業の要望に適した産学連携の
対象や方法を相談・議論し、技術相談、大学シーズの紹介や共同研究の検
討のための交流会の設定を行います。また、共同研究講座・部門の設置の
ご相談、本学教員の出前セミナーの開催など多様なメニューを用意して会
員企業のご要望にお応えしております。
本学の産学連携会員制度にご関心のある方は研究・産学連携本部のホー
ムページをご覧ください。 (http://www.sangaku.titech.ac.jp/system/member.html)    また、ご質問などありましたら会員担当(Tel:03-5734-2445, 
E-mail:member[at]sangaku.titech.ac.jp)までお問合せください。


このページのトップへ
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【3】最新発明情報
特許情報公開のご紹介 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+ 研究・産学連携本部のHPでは、特許情報をご紹介しています。今月は未公開
特許情報が6件増えました。詳しくはHPをご覧ください。  http://www.sangaku.titech.ac.jp/invent/member.html
このページのトップへ
    
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【4】最近の研究成果
            1件の研究成果のご紹介
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 
      ≫≫●Tracking the Fukushima Radionuclides
         Science 1 June 2012: vol. 336, pp.1115
            総合理工学研究科 化学環境学専攻 吉田 尚弘 教授

       東京電力福島第1原子力発電所事故で放出された放射性物質の拡散状況
      について、陸地にいったん落ちても再び浮遊して少しずつ移動し、局所的
      に濃度が高いホットスポットが新たに生じる可能性があり、農作物や水産
      物に取り込まれた量も不明な点が多く残っています。除染活動を広げるう
      えで放射性物質の追跡調査を行い、拡散の仕組みを説明するモデルづくり
      の必要性を訴えています。

       ・内容詳細:http://www.hyoka.koho.titech.ac.jp/eprd/recently/research/research.php?id=285
       ・吉田研究室:http://nylab.chemenv.titech.ac.jp/


      
このページのトップへ
     +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      【5】新聞掲載記事
            11件の東工大研究関連記事のご紹介
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
          

   ≫≫●電子の集団運動を観測 (日刊工業新聞5/22、日経産業新聞5/23)
応用セラミックス研究所 笹川 崇男 准教授

 nmの周期で電子が縞状に規則正しく配置している(La,Sr)2NiO4に800nm
の 光パルスで電子状態に刺激を与え、どのように電子が集団運動するか
を、X線自由電子レーザーを用いて数psの時間分解能でリアルタイムに観
測することに成功しました。これにより、同レーザーを使った固体材料研
究などに役立つものと期待されます。この研究成果は、米スタンフォード
大学などとの連携によるものです。
・内容詳細 http://www.hyoka.koho.titech.ac.jp/eprd/recently/research/research.php?id=282     ・笹川研究室 http://www.msl.titech.ac.jp/~sasagawa/
   ≫≫●熱伝導性3-5倍の射出成形用樹脂を開発 (日刊工業新聞5/25)
理工学研究科 有機・高分子物質専攻 渡辺 順次 教授

熱伝導性を一般的な樹脂の3-5倍に高めた射出成形用の主査型液晶性ポリ
エステル樹脂を開発しました。内部の分子が規則正しく並ぶことでフィ
ラーの添加量を約20%削減できます。金属やセラミックスの代替材として
期待でき、自動車用部品やLED照明の放熱材などに向けて展開し、5年後に
約20億円の売り上げを目指します。この研究成果はカネカとの連携による
ものです。
・渡辺・戸木田研究室 http://www.op.titech.ac.jp/polymer/lab/watanabe/external/index.html ≫≫●魚抽出の化粧品コラーゲンを量産 (日経産業新聞5/28) 理工学研究科材料工学専攻 田中 順三 教授 本学などと共同で開発した「テラピア」のうろこから抽出したコラーゲ ンの量産を多木化学でこのほど開始しました。新たな生産設備を導入し、 これまでの17倍の年間20tの生産体制を構築しました。7月から展開する化 粧品向け新製品はコラーゲンを凍結・乾燥したもので濃度が高く、保水力 と肌なじみの良さが増します。化粧品向けコラーゲン事業で5年後に5億円 の売り上げを目指します。
・田中・生駒研究室  http://www.bio.ceram.titech.ac.jp/ ≫≫●試験管内でたんぱく質の立体構造再現 (日経産業新聞5/30、化学工業日報5/30) 生命理工学研究科 生体分子機能工学専攻  田口 英樹 教授、丹羽 達也 助教 たんぱく質の構造形成には分子シャペロンと呼ばれるたん白質が補助と して必要で、これらを網羅的に調べ、効果を定量的に評価する方法を見つ けたことにより、試験管内でたん白質を人工的に合成し、機能的に働くた めの正しい立体構造形成ができる技術の開発に成功しました。工業分野へ の新規応用や酵素触媒開発などの進展につながります。この研究成果は東 京大学との連携によるものです。 ・渡邊・戸木田研究室 http://www.op.titech.ac.jp/polymer/lab/watanabe/external/index.html ≫≫●放射性物質拡散について中長期の追跡が必要 (日本経済新聞6/1朝刊、日経産業新聞6/1) 総合理工学研究科 化学環境学専攻 吉田 尚弘 教授 →最近の研究成果を参照 ≫≫●消費電力が1/100のCPUを開発 (日経産業新聞6/6)
フロンティア研究機構 細野 秀雄 教授

半導体エネルギー研究所は本学細野教授が開発した酸化物半導体「IGZ
O」をメモリー回路に使い、CPUの消費電力を従来の1/100にできる技術を
開発しました。IGZOを使えば電源を切っても演算の経過を保存する回路が
でき、ごく短時間ずつCPUを動かせば演算を完了できるようになります。
早ければ1年以内の商品化を目指します。   ・細野研究室  http://www.msl.titech.ac.jp/~hosono/ ≫≫●土壌中の放射性セシウムを蒸煮・爆砕反応で85%除去 (環境新聞6/6) 原子炉工学研究所 有冨 正憲 教授 放射性セシウムの土壌からの分離・除去技術および汚染された稲わら、 牧草等の減容化技術については、蒸煮(水熱分解)爆砕と凝集沈殿の組み 合わせにより、放射性セシウムを土壌から最大で85%除去し、水相に遊離 後もほとんど除去できる技術を開発しました。農水省が実施した除染関連 緊急研究の成果で、原子力研究バックエンド推進センターとの連携による ものです。 ≫≫●第39回「環境賞」を受賞 (日刊工業新聞6/12)
理工学研究科 有機・高分子物質専攻 高田 十志和 教授

日立環境財団と日刊工業新聞社が共催する第39回「環境賞」の環境大臣
賞・優秀賞に、本学の高田十志和教授とダイソーの「革新的添加剤製造法
の開発による低燃費タイヤの普及」が選ばれました    ・内容詳細   http://www.hitachi-zaidan.org/kankyo/topics/topics60.html   ・高田研究室  http://www.op.titech.ac.jp/polymer/lab/takata/index.html ≫≫●無機化合物塗り太陽電池のエネ変換効率5.4%に (日刊工業新聞6/13) 理工学研究科 電子物理工学専攻 山田 明 教授 塗って作れるCZTS(CuZnSnSSe)の太陽電池を開発しました。CIGS太陽電池 の次世代版とされ、エネルギー変換効率は5.4%、レアメタルのInを使用し ないため、原料コストはCIGSの数十分の1にできる見通しです。今後、塗 り方を改善するなどして膜の質を向上し、5年以内に同15%を目指します。 この研究成果は凸版印刷、東レエンジニアリング、龍谷大学との共同研 究によるものです。    ・山田明研究室   http://solid.pe.titech.ac.jp/ ≫≫●スイマーの動作を再現できる水泳ロボット開発 (科学新聞6/15) 理工学研究科 機械制御システム専攻 中島 求 准教授、 ジョン・チャン・ヒュン氏(博士課程学生) 水泳ヒューマノイドロボット「SWUMANOID(スワマノイド)」を開発しま した。従来の研究では、映像から動作を分析するため再現性に問題があり ますが、このロボットは身体形状を3次元ボディースキャナーで精密に測 定し、3次元造形技術を用いて1/2スケールで再現することにより、微妙な 動作の違いによる推進力の変化も捉えることができるようになりました。 ・You Tube画像   http://www.youtube.com/watch?v=khLdxL06yNY    ・内容詳細   http://www.hyoka.koho.titech.ac.jp/eprd/recently/research/research.php?id=284   ・中島研究室  http://www.mech.titech.ac.jp/~dycon2/index.html ≫≫●体内時計の仕組みに関連するたんぱくを発見 (日経産業新聞6/18)
資源化学研究所 田中 寛 教授

微生物「シアノバクテリア」で体内の昼夜のリズムを刻む体内時計の詳
細な仕組みを解明しました。この微生物の体内時計はたんぱく質SasAとRp
aAが制御に関与することが分かっていましたが、新たに「RpaB」が夜間に
限って絡みつき、夜明けから昼間は結合が弱いという性質を持っているこ
とを発見しました。この研究成果は、千葉大学、名古屋大、早稲田大との
連携によるものです。    ・内容詳細   http://www.hyoka.koho.titech.ac.jp/eprd/recently/research/research.php?id=289   ・田中研究室  http://www.res.titech.ac.jp/~biores/ ※本学教員の所属・肩書きは、2012年6月1日現在のものです。 ※新聞記事は2012年5月21日~6月20日までの東工大研究関連記事の中から ピックアップして掲載しています。
                                                  このページのトップ
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      **編集後記**
      +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

       7月は様々なスポーツイベントが開催されます。ツール・ド・フランス
  (自転車)、 オールスターゲーム(野球)、鈴鹿8時間耐久ロードレース
  (バイク)、 そして今年最大のイベントであろう、夏季オリンピック。
  7月27日から8月12日までロンドンで開催され、夏季としては第30回を迎える
  そうです。日本勢の活躍ももちろん気になるところですが、世界のスーパー
  スターの競演も楽しみです。しばらく寝不足気味の日々が続きそうです。
(編集委員 always2) このページのトップへ
   -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   ◇メルマガ配信停止◇
   「配信不要」と書いたメールを
   mail[at]sangaku.titech.ac.jpまでお送りください。
   ◇メルマガ配信申込み◇
   http://www.sangaku.titech.ac.jp/mail/index.html
   ◇ご意見・ご感想・ご登録内容の変更◇
   mail[at]sangaku.titech.ac.jp
   ※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。
   -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   ************************************************
    東京工業大学 研究・産学連携本部 
    〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
    Tel: 03-5734-2445   Fax: 03-5734-2482
     e-mail: mail[at]sangaku.titech.ac.jp
     URL: http://www.sangaku.titech.ac.jp/
    ※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。
   ************************************************