Top > FAQ > その他

FAQ

その他

産学連携推進本部によせられる、よくある質問と答えをまとめました。

その他

Q1.研究ノートの導入
A1.研究ノートの導入に関しては、本部として調査検討を進めます。ただし、当面は、全学的に統一した対応は考えず、研究室ごとの対応に任せたいと考えます。調査検討の結果を踏まえ、将来的には研究ノート活用にあたっての全学的なガイドラインの作成も考えたいと思います。
Q2.研究成果物、試料の接受については、現状では契約を結ばずに渡しているのですが、法人化後はどうなるのですか?
A2.研究成果物、研究試料についても組織として管理すべきとの方向性が文部科学省の検討会の報告書で出されており、その方向で検討を進めています。当面は、試料を用いた研究による知的財産等の研究の成果の帰属等が問題になりうる場合、産学連携推進本部がなんらかの形で関与した形(教員と本部連名での提供相手先との契約など)での研究成果物、試料の提供・受け入れ契約を締結することとしたいと考えます。
また、通常の学術研究のための交換で、知的財産等が関係すると考えられない場合には、個人ベースでの提供受け入れを行ってください。
特に、本学における研究により生み出された試料等であって、企業等の外部の機関に提供した場合に、その試料等を用いた研究から新たな発明が生じる可能性があると思われる場合は、本部が関与した契約が望ましいと考えますので、本部にご相談ください
また、外部から試料等を受け取る場合で、先方から契約を求められ、その中に知財の取り扱いに関する規定があるなど大学の責任部署の署名が必要とされると考える場合も、本部にご相談ください。
Q3.米国で交わされているマテリアル接受の契約書を採用することは考えないのですか?また、その契約も産学連携推進本部で対応していただきたいのですが。
A3.考えていきます。

東京工業大学