Top > 各種制度 > 学術指導

各種制度

学術指導

企業等からの委託を受けて本学の教員が本務の一環として、企業等の研究開発等に対して指導(学術指導)を行います。

手続きの流れ

(1)学術指導を委託したい教員の選定
学術指導を委託したい教員をご検討下さい。
適当な教員をご存じない方は、本学の「教員情報検索」のホームページから、技術分野、キーワードなどで教員を探してみて下さい。
それでも適当な教員が見つからない場合は、産学連携推進本・狽ノご相談下さい。コーディネーターがご相談を伺い、教員の選定をお手伝いします。
(2)申込み
申出様式」(31KB:Word®形式)にて、学術指導の申込みをしていただきます。
(3)受入れの決定
産学連携推進本部にて審査を行い、学術指導の受入れを決定します。
(4)契約の締結
産学連携本部が企業等と本学が学術指導契約を結びます。一回の契約で複数年度にわたる学術指導の依頼が可能です。
(5)学術指導料の納付
本学の指定する金融機関に学術指導料を納付していただきます。なお、学術指導を本学以外の場所で行う場合、別途、学術指導に伴う交通費及び宿泊費を、直接学術指導者にお支払いいただきます。

知的財産権の取扱い

(1)知的財産権の取扱い
学術指導の結果生じた知的財産については、当該知的財産を生じた状況を勘案し、協議の上これを決定します。

契約書の雛型

学術指導契約書の雛形【「雛形」(51KB:Word®形式)】をご覧下さい。

お問い合わせ先

東京工業大学 産学連携推進本部
〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
TEL:03-5734-3807
FAX:03-5734-2482
E-mail:san.kyo[at]jim.titech.ac.jp※メールアドレス内の[at]は@に置き換えてご送信ください。

東京工業大学